フィラデルフィア連銀総裁:米国は欧州危機影響に備え-WSJ

米フィラデルフィア連銀の プロッサー総裁は、米国が欧州債務危機の深刻化について過剰 に心配すべきではないと指摘した。米国はいかなる影響にも対 応できる備えがあるという。米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ)とのインタビューで語った。

プロッサー総裁は同紙に対し、欧州の短期的な不透明性は 米金利やエネルギー価格の低下につながるほか、対米投資拡大 に伴う高い流動性を得られる可能性があるとして、米経済にと っては好ましいかもしれないと指摘した。

また、借り入れコストやガソリン価格の低下は、株式相場 低迷よりも米経済への影響が大きいと述べたという。

原題:Plosser Says U.S. Well Equipped for Europe Fallout: WSJ(抜粋)

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE