ハンガリー、中銀法改正を拒否-マジャール・ネムゼット紙

ハンガリーは、欧州中央銀行 (ECB)と国際通貨基金(IMF)からの圧力にもかかわらず、中央 銀行法の一部改正を拒否している。同国紙マジャール・ネムゼットが国 家経済省の当局者の話として報じた。当局者の氏名は示していない。

同紙によれば、政府はハンガリー国立銀行(中銀)の総裁ではなく 金融政策理事会(MPC)に外貨準備をめぐる権限を持たせようとして おり、中銀法のこの部分が国際機関から批判されているという。同紙 は、内閣が3人目となる中銀副総裁指名を望んでいるとも伝えた。

原題:Hungary Sticks to Disputed Parts of MNB Law, Nemzet Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE