コンテンツにスキップする

菅前首相:チェルノブイリ超の可能性認識-東電に強い不信感

菅直人前首相は28日、東京電力福島 原子力発電所事故調査委員会で、事故当時にチェルノブイリ原発事故よ り放射能の放出が大きくなる可能性がある事故と認識し、「見えない敵 との戦いであり、命を賭ける戦いだと思った」と述べた上で、東電が撤 退を申し入れてきたことに対し「とんでもないことだと感じた」と述べ た。

菅氏は昨年3月15日午前3時ごろ、海江田万里経済産業相(当時) から官邸で仮眠中に「東電が撤退したいと言ってきている」と連絡を受 けたと話した。

その後、東電の清水正孝社長(当時)に「撤退はあり得ない」と伝 えたときに、清水氏は「分かりましたと答えたので、ホッとした」と述 べた。菅氏は細野豪志首相補佐官(同)から吉田昌郎福島第一原発所長 (同)からの電話を回してもらい、「所長からまだやれると聞いた」こ とを明らかにし、「清水氏が自ら撤退しないと言ったことはない」と付 け加えた。

事故当時官房長官だった枝野幸男経済産業相は27日の国会事故調で 「社長から電話があり、全面撤退の趣旨の話があった。そんなことをし たら大変なことになると言ったら口ごもっていたので、全面撤退と受け 止めた」と説明していた。

東電は3月1日、「全面撤退を申し出たことはない」と公表し、政 府側の見解と真っ向から対立し、その姿勢を今日まで崩していない。

東電への根強い不信感

事故発生の翌12日朝に現地を視察したことに関して、菅氏は「東電 からは電源車を現地に送るから協力してほしいなどと言ってきたが、根 本的な状況の説明が全くなかった」と批判した上で、「地震・津波の状 況を上空からでも直接見ておくことは対策を立てる上で重要だと判断し た」と説明した。

菅氏は「ベントについても経産相が許可しているにもかかわらず、 何時間経っても行われなかった。その理由は分からない」と東電本社へ の不信感を示した。その上で「吉田所長ともじかに会って現場の考え 方、見方を知ったことは極めて大きなことだった」と強調した。

原子炉を冷却するための海水注入を止めるように指示を出したとさ れる問題について、菅氏は「海水注入を止めろと言ったことはない」と 明言した上で、東電から官邸に来ていた武黒一郎フェロー(当時)が吉 田所長に直接電話して官邸の意向として伝えたようだと述べた。菅氏は 「再臨界と海水注入が関係ないことは知っていた。ホウ酸を注入すれば 危険性を抑えられることも知っていた。なぜ海水注入を止めろとの指示 が出たのか理解できない」と話した。

菅氏は「東電が伝えてきたことと、後で言っていることには矛盾が 多い」と語った。

不確定な予想は出せず

放射能放出の解析結果などを早く出していれば、周辺住民の避難の 仕方が変わってきたのではないかとの質問に対し、菅氏は「事実を隠す ことはしていない。コアの事実が分かるとすれば、それは東電だった が、正確ではなかった。可能性・予測まで判断することはできなかっ た」とした上で、「どこまで情報を出せばよかったのか、検証してもら いたい」と述べた。

菅氏は原子炉の状態把握と対策案提示を期待されていた東電、経産 省原子力安全・保安院、原子力安全委員会が機能しなかったと指摘した 上で、「しっかりとした対応ができる組織が必要だ」と訴えた。

原子力発電をめぐる利権によって結ばれた産・官・学の関係者で構 成する特殊な社会的集団「原子力ムラ」について、菅氏は「外部の意見 を排除する戦前の軍部に似ている。徹底的に解体する必要がある」とし た上で、安全性を確保するには「脱原発の実現が不可欠だ」と結んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE