コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ドル、軟調-ギリシャのユーロ離脱懸念緩和

ロンドン時間28日午前の外国為替市 場では、ドルが軟調となっている。ギリシャの世論調査で支援受け入れ を支持する政党の優勢が示され、ギリシャがユーロ離脱に追い込まれる との懸念が和らいだ。

ユーロは2010年7月以来の安値から強含みとなった。

ドルの対ユーロ相場はロンドン時間午前8時23分(日本時間4時23 分)現在、前週末比0.7%安の1ユーロ=1.2605ドル。25日には10年7 月以来の高値となる1.2496ドルまで上げていた。円に対しては0.4%下 落し1ドル=79円40銭。ユーロは対円では0.3%高の1ユーロ=100円08 銭で取引されている。

原題:Dollar Declines After Greek Pro-Bailout Party Leads in Polls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE