コンテンツにスキップする

イタリア国債入札:目標一致の42.5億ユーロ発行-利回り上昇

イタリア政府は28日実施した国債入 札で、目標上限に一致する計42億5000万ユーロ(約4250億円)相当を発 行した。しかし、欧州首脳らは債務危機の波及阻止の方法をめぐって対 立しており、借り入れコストは前回入札時から上昇した。

当局は2014年償還のゼロクーポン債35億ユーロ相当を発行。平均落 札利回りは4.037%と、4月24日の前回入札時の3.355%を上回った。応 札倍率は1.66倍と、前回入札時の1.8倍を下回った。16年、17年償還の インフレ連動債も7億5000万ユーロ発行。落札利回りはそれぞ れ4.39%、4.6%となった。

流通市場のイタリア10年債は入札後も軟調。利回りはローマ時間午 前11時半(日本時間午後6時半)現在、前週末比3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の5.7%。同年限のドイツ国債に対する 利回り上乗せ幅(スプレッド)は433bpに拡大した。

先週開催された欧州連合(EU)首脳会議では、ドイツのメルケル 首相がユーロ共同債構想の受け入れを拒み、他のEU首脳と対立した。 イタリアのモンティ首相はEU首脳の大半はユーロ共同債の導入を支持 していると発言し、欧州の「共通利益」のために行動するようドイツを 説得するのに自身が尽力できると述べた。

原題:Italy Sells 4.25 Billion of Bonds as Borrowing Costs Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE