コンテンツにスキップする

EU大統領:G20でギリシャがユーロ圏に残留すべきだと表明へ

欧州連合(EU)のファンロンパイ 大統領(首脳会議常任議長)は、6月18、19日に開かれる20カ国・地域 (G20)首脳会議で、ギリシャがユーロ圏に残留すべきだと表明する方 針だ。ファンロンパイ大統領と欧州委員会のバローゾ委員長が加盟27カ 国に宛てに送った書簡の内容をEUが25日公開した。

大統領と委員長は25日付の書簡で、「われわれはユーロ圏の金融の 安定と統合を守る意思をあらためて確約する。また、ギリシャが約束を 順守し、ユーロ圏に残留することを望むという考えをはっきりと伝え る」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE