コンテンツにスキップする

5月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが10年7月以来安値-スペイン懸念で

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し2010年7月以 来の安値を付けた。ソブリン債危機がスペインで悪化しつつあるとの懸 念が広がった。

ユーロは一時、ドルと円に対して上昇していたが、スペインのカタ ルーニャ州政府のアルトゥール・マス知事が、中央政府に対して州政府 の資金調達市場へのアクセスを支援するよう重ねて訴えたことに反応 し、上げを消した。その後も、米格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)がスペインの銀行の信用格付けを引き下げたことを受 けてユーロは軟調な展開が続いた。ブラジル・レアルは主要通貨全てに 対して値上がり。中央銀行が通貨スワップ入札を実施すると発表したこ とが手掛かりとなった。

バンク・オブ ・ニューヨーク(BNY)メロンの外為担当マネジ ングディレクター、サマルジット・シャンカー氏(ボストン在勤)は 「全ての資産について投資家は弱気だったが、カタルーニャの件で一層 悪化した」と指摘。「不透明感が引き続き投資家心理を圧迫するだろ う。そうした状況から、ユーロの下落トレンドの終了を予想するのは難 しい」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時34分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.2%安の1ユーロ=1.2513ドル。一時1.2496ドルと、10年7月6日 以来の安値を付けた。対円では0.1%下げて99円70銭。円は対ドルで1 ドル=79円63銭。

カタルーニャ、バンキア

カタルーニャ州政府は、同州は予算プログラムを「厳守」してお り、義務を履行するとの声明を発表した。またスペインのサエンスデサ ンタマリア副首相はこの日、市場へのアクセスを回復できるよう支援を 求める地方政府の要請を慎重に検討していると述べた。

今月国有化されたスペインの銀行バンキア・グループは届け出 で、190億ユーロの資本注入を政府に要請することを明らかにした。 S&Pはこの日、バンキアを含めたスペインの銀行3行の格付けをジャ ンク級に引き下げた。

この日の欧州債市場では、スペイン10年債利回りが15ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上昇して6.31%となった。

通貨スワップ入札

ブラジル・レアルは対ドルで1.7%上昇の1ドル=1.9957レアル と、3日続伸。ブラジル中銀はこの日、4日連続となる通貨スワップ入 札を実施した。レアルは週初から1.3%高。

ユーロは今週、対ドルで2.1%値下がりしており、月間では5.5%安 となっている。ギリシャでは、6月17日に実施される再選挙を控えて、 同国向けの金融支援の実施に反対する急進左派連合(SYRIZA)が 有権者の間で支持を広げている。ユーロは対円では今週1.3%安、月間 では5.7%安となっている。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.1%高の82.423。一時82.461と、10年9月以来の高水準を付 けた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは今週1.2%安と、最悪のパフォーマンスとなってい る。ドルは1.1%上昇、円も0.2%上げている。

原題:Euro Touches 22-Month Low on Spain’s Deepening Woes; Real Rises(抜粋)

◎米国株:下落、米消費者信頼感改善も欧州懸念で売り優勢

25日の米国株相場は下落。S&P500種株価指数は5日ぶりに下 げた。米消費者マインド指数が2007年以来の高水準に上昇したもの の、スペインの財政事情をめぐる懸念が高まったことから売りが優勢 となった。

S&P500種株価指数の業種別10指数のうち産業株や素材株、 金融株が下げた。航空機メーカーのボーイングや米銀JPモルガン・ チェース、石油のシェブロンはいずれも安い。フェイスブックは3.4% 下落した。

S&P500種株価指数は前日比0.2%安の1317.82。週間ベース では1.7%の上げ。ダウ工業株30種平均は74.92ドル(0.6%)安 の12454.83ドル。28日の米株式市場はメモリアルデーの祝日で休 場となる。

コニファー・セキュリティーズの株式トレーディングディレクタ ー、リック・フィア氏は「米国は良好で、欧州は実にひどい状況だ。 欧州経済がどこまで悪化するか、誰にも分からない」と述べた。

スペイン情勢

スペインのサエンスデサンタマリア副首相はこの日、市場へのア クセスを回復できるよう支援を求める地方政府の要請を慎重に検討し ていると述べた。カタルーニャ州政府は、予算プログラムを「厳格に」 順守しており、義務を着実に履行すると述べた。スペイン政府によっ て今月、部分国有化されたバンキア・グループの事業再編には、190 億ユーロの公的資金が必要となる。事情に詳しい関係者3人が明らか にした。

5月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は79.3と、前月の76.4から上昇した。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は77.8。

1兆ドル以上が吹き飛ぶ

ギリシャのユーロ圏離脱懸念などを背景に米国株の時価総額は今 月に入り1兆ドル以上が吹き飛んだ。S&P500種は4月末以来これ までに5.7%下落している。

ブラックロック傘下のIシェアーズのグローバル・チーフ投資ス トラテジスト、ラス・ケステリッヒ氏(サンフランシスコ在勤)は、 「ギリシャも深刻だがユーロ圏の中では比較的小さい。スペインをギ リシャと同じように見ることはできない」と述べた。

JMPセキュリティーズのマーク・リーマン社長は、投資家は米 株が堅調に見えてもリスクを取ることを敬遠していると話す。S&P 500種採用企業の株価収益率(PER)は13.3倍と、1954年以来の 平均(16.4倍)を下回っている。

フェイスブック下落

S&P500種業種別10指数のうち8指数が下落。ボーイングは 2%下落。JPモルガンとシェブロンは1.4%と1.2%下げた。

フェイスブックは3.4%下げて31.91ドル。同社の新規株式公開 (IPO)は160億ドルというハイテク企業のIPO規模として史上 最大を記録したが、過去10年の米大型IPOの中で当初のパフォー マンスとしては最悪の記録も作った。同社の株価は17日のIPO以 降、13%下落した。

婦人衣料品のタルボットは41%急落。同社はシカモア・パートナ ーズと独占的に行ってきた身売り交渉を終了し、他の戦略的代替策を 模索すると述べたことが嫌気された。

原題:U.S. Stocks Decline as Spanish Debt Concern Overshadows Economy(抜粋)

◎米国債:上昇、スペイン財政難で欧州債務危機が深刻化

米国債相場は上昇。スペインの地方政府が資金繰り難に陥ってい るとの報道を受け、欧州債務危機が悪化するとの懸念が広がり、米国 債の需要が高まった。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がスペ インの銀行の格付けを引き下げた後も、10年債利回りは低水準で推移 した。米国債はこのまま月末を迎えれば月間ベースで2カ月連続の上 昇となる。スペインのカタルーニャ州政府のアルトゥール・マス知事 は25日、中央政府に対して支援を重ねて要請した。一方サエンスデ サンタマリア副首相は、市場へのアクセスを回復できるよう支援を求 める地方政府の要請を慎重に検討していると述べた。

ウンダーリッヒ・セキュリティーズのマネジングディレクター兼 米国債トレーディング責任者、マイケル・フランゼーズ氏(ニューヨ ーク在勤)は「スペインの政府介入拡大に関する報道を受けて市場に 緊張が走った」と指摘。「市場参加者は欧州について神経質になってい る」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後2時1分現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(b p、1bp=0.01ポイント)下落の1.74%。同年債(表面利率1.75%、 2022年5月償還)価格は11/32上昇して100 3/32。利回りは今週 に入り2bp上昇と、3月16日終了週以来の上昇となった。

米証券業金融市場協会(SIFMA)の勧告により、25日は午後 2時までの短縮取引。28日はメモリアルデーの祝日で休場となる。

ギリシャ離脱観測

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によれば、 今月に入り24日までの米国債リターンは1%。比較的安全とされる 米国債の需要の高まりを反映している。4月のリターンは1.5%だっ た。

ギリシャのユーロ圏離脱の可能性をめぐる懸念などを背景に、5 月に入り3週間で世界の株式市場からは時価総額で4兆ドル以上が失 われた。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、 アイラ・ジ ャージー氏(ニューヨーク在勤)は「ギリシャを発端とする悪材料が 出るのではないかとの不安がある」とし、「質への逃避で買いが入って いる」と解説した。

米国債の店頭オプション価格を基にしたボラティリティの指数で あるBOAメリルリンチのMOVE指数は、24日に前日からほぼ変わ らずの73.1bpと、年間平均の87.8bpを下回った。

売買高が増加

インターディーラー・ブローカー最大手ICAPによると、前日 の売買高は約2930億ドルに増加。年初来平均の2420億ドルを上回 った。3月14日には4390億ドルと、昨年8月以来の高水準を付け ていた。

今週3回行われた総額990億ドル相当の入札で、最終日の24日 に実施された7年債入札は最高落札利回りが1.203%と過去最低を 付けた。23日実施された5年債入札(発行額350億ドル)も最高落 札利回りは0.748%と過去最低。22日の2年債入札(発行額350億 ドル)の最高落札利回りは0.3%だった。

5月17日に実施した130億ドル相当の10年物インフレ連動債 (TIPS)と今週の入札を合わせた資金調達額は529億ドル。一方、 流通市場で償還期限を迎える国債の総額は591億ドル。

償還までの消費者物価の予測値を示す10年債利回りと同年物 TIPSの利回り格差は2.14ポイントと、過去10年間の平均であ る2.15ポイントに近い水準にある。

原題:Treasuries Gain as Spanish Finances Add to European Debt Concern(抜粋)

◎NY金:続伸、現物需要が増加-終値1571.20ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。資産分散化の動きから金現物の 保有が増加した。

金を裏付けとする上場投資信託(ETF)「SPDRゴールド・ト ラスト」の金保有は23、24両日に増加し、1270.26トンとなった。 同ファンドがウェブサイトで明らかにした。UBSはリポートで、イ ンドを除くアジアでの前日の需要は強かったとし、欧州の買い意欲は 「顕著」だったと指摘した。金は今月に入って前日までに6.3%値下 がりしている。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「金に強気な見方をする 人は多く、最近の安値水準で買いを入れている」と発言。「相場は最近 の取引レンジの下限付近で推移しており、魅力的な水準なのかもしれ ない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 8月限は前日比0.7%高の1オンス=1571.20ドルで終了した。週間 では1.4%下落。

原題:Gold Climbs for Second Day in New York as Investor Demand Rises(抜粋)

◎NY原油:続伸、米消費者信頼感の改善とイラク核問題で買い

ニューヨーク原油先物相場は続伸。米消費者マインドの上昇が好 感された。国際原子力機関(IAEA)によれば、イランは核兵器に 転用可能な濃縮ウランの生産を拡大した。

5月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は79.3と、2007年10月以来の高水準となった。IAEAの リポートによると、イランは濃縮度20%のウラン生産を2月以降に倍 増した。11ページから成る同リポートは公表が制限されているが、ブ ルームバーグは内容を確認した。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・ キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「消 費者マインドの数字やイランに関するニュースで原油は値上がりして いる」と指摘。「連休に入ること」を理由に相場は上昇するとの見方も 広がっている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前日 比20セント高の1バレル=90.86ドルで終了。週間では0.7%下落。

原題:Oil Climbs on U.S. Consumer Confidence Gain, Iran Inspections(抜粋)

◎欧州株式市場:続伸、イタリア首相発言を好感-週ベースもプラス

24日の欧州株式相場は続伸。欧州連合(EU)首脳の大半はユー ロ共同債の導入を支持しているとのモンティ・イタリア首相の発言を 好感した。ストックス欧州600指数は週間ベースでは、今月初めての 上昇となった。

ケプラー・キャピタル・マーケッツが投資判断を引き上げたフラ ンスのケーブルメーカー、ネクサンは4.6%高。一方、鉱山株は下落。 特に英国のロンミンやフレスニーヨの下げが目立った。ベルギーのモ ビスターを中心に、通信株も値下がりした。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%高の242.49で終了。 一時は0.8%上昇したが、0.5%下げる場面もあり方向感に欠ける展 開となった。週間では1.5%高と、今月に入って初のプラス。

ルイ・キャピタル・マーケッツ(ジュネーブ)のディレクター、 ジョン・プラサード氏は「ユーロ共同債に関するモンティ首相の発言 が相場を支えている。共同債はギリシャのユーロ圏離脱に対するファ イアウォールとして機能する解決策の一つとして捉えられている」と 述べた。

この日の西欧市場では、18カ国中13カ国で主要株価指数が上昇 した。

原題:European Stocks Climb on Monti; Nexans Gains, Mining Shares Fall(抜粋)

◎欧州債券市場:仏10年債続伸、利回り最低-スペイン債下落

25日の欧州債市場では、フランス10年債が値上がり。利回り は過去最低を付けた。欧州債務危機からの逃避先としてドイツ債より も利回りが高い債券として買いを集めた。

仏10年債相場は2008年以来最長の連続高となった。仏紙パリ ジャンが24日、非課税預金「リブレA」の上限を政府が引き上げる 可能性があると報じたことも相場の支えになった。同預金を取り扱う 銀行の国債投資需要が高まるとの見方につながったためだ。スペイン 債は下落。地方政府が市場で資金調達できなくなる恐れがあるとの懸 念が広がった。ドイツ債利回りは前日更新した過去最低に近い。

ロンドン時間午後4時29分現在、仏10年債利回りは前日比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.52%。一時は

2.422%と、ブルームバーグが1990年にデータ収集を開始して以来 の最低を付けた。同国債(表面利率3%、2022年4月償還)の価格 は0.215上げ104.205。これで利回り低下は8営業日連続となり、 08年11月以来最長。

仏5年債利回りは2bp低下の1.35%。一時は1.27%まで下 げ、前日に続き過去最低を更新した。30年債利回りは2bp上昇し て3.21%。今月18日以降は33bp低下となった。

仏10年債のドイツ債に対する利回り上乗せ幅は月初から15bp 縮んで114bp。昨年11月にはユーロ導入来最大の204bpに広が っていた。

ギリシャのユーロ離脱懸念が高まる中、域内で安全な逃避先を求 める投資家は、利回りが既に著しく低下したドイツ以外の国債に目を 向けている。INGグループの先進国市場債券責任者パドライク・ガ ービー氏(アムステルダム在勤)はこの日の顧客向けリポートに、 「ここ2日間は、中核国ないしそれに準じた国の債券の劇的な値上が りが市場の動きを独占した」と指摘し、フランスやオーストリア、ベ ルギーが比較的安全な投資先と見なされていると付け加えた。

ドイツ10年債利回りは1.37%。前日は過去最低となる

1.351%まで下げた。

スペイン10年債利回りは15bp上昇の6.31%。2年債利回り は一時16bp上げ4.35%と、昨年12月13日以来の高水準となった。

原題:French Yields Drop to Record as Spanish Bonds Slide on Regions(抜粋)

◎英国債市場:2年と5年物利回り最低更新-量的緩和再開を期待

25日の英国債市場では、2年物と5年物の利回りが過去最低を 更新。イングランド銀行(英中央銀行)が景気下支えを目的に資産を 買い取る、いわゆる量的緩和を再開するとの見方は根強い。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテ ジスト、ジョン・レイス氏は「イングランド銀行が一段の対応を迫ら れる確率は高まってはいるものの、危機の劇的な進行がない限り、行 動は早くて次回の政策決定会合でとなるだろう」と指摘。「ユーロ圏 の今後の状況をめぐり全般的にリスク回避の動きはあり、安全な逃避 先とされる英国債などが恩恵を受けている」と付け加えた。

ロンドン時間午後5時51分現在、2年債利回りは前日比1ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して0.23%。一時は

0.216%と、ブルームバーグが1992年にデータ収集を開始して以来 の最低となった。前週末からは8bp下げた。同国債(表面利率

2.25%、2014年3月償還)の価格は103.58。5年債利回りは2b p低下の0.72%。過去最低の0.707%を付ける場面もあった。

前日発表された1-3月の英国内総生産(GDP)改定値は前期 比0.3%減と速報以上の縮小を示した。

原題:U.K. Gilt Yields Fall to Records Amid BOE Stimulus Speculation(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE