アジア株:MSCI指数が下落-中国の景気減速懸念で

25日のアジア株式相場は下落。 MSCIアジア太平洋指数は週間ベースで4週続落となった。中国では 景気減速に伴い、大手銀行が少なくともこの7年で初めて融資目標を達 成できない可能性があるとの懸念が広がった。

香港市場では、中国民生銀行(1988 HK)が3%安となり、銀行株 の下げを主導している。売上高の79%を欧州で稼ぐ衣料小売りエスプ リ・ホールディングス(330 HK)は3.1%下げた。オーストラリアの金 属加工会社シムズ・メタル・マネジメントはシドニー市場で6.1%下 落。同社がこの日示した通期利益が減少するとの見通しが嫌気された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時17分現在、前日 比0.5%安の111.35。今週は1.1%の値下がりとなっている。イタリアの モンティ首相がギリシャはユーロ圏にとどまる公算が大きく、欧州首脳 の過半数がユーロ共同債を支持したと発言したことを受けて、一時 は0.3%高まで上昇していた。

サムスン・アセット・マネジメント香港部門のポーリーン・ダン最 高投資責任者(CIO)は「ユーロ圏の動向をめぐる懸念が続いてお り、それが投資家の手控え要因となっている」と指摘した。

原題:Asian Stocks Fall as Economic Slowdown Cools China Bank Lending(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE