コンテンツにスキップする

米アップルCEO、7500万ドル相当の配当受け取りを辞退

米アップルは、ティム・クック最高 経営責任者(CEO)が株式報酬として向こう10年にわたり受け取るこ とになっていた112万5000株の配当約7500万ドル(約60億円)を辞退す ると発表した。

当局への届け出によると、他の社員は制限付き株式1株当たり2.65 ドルの四半期配当を受け取れるという。これは3月に発表された株主配 当と同じ水準。

経営陣の他のメンバーにも配当が支払われる。届け出によれば、ソ フトウエア部門幹部のスコット・フォーストール氏とハードウエア部門 マネジャー、ボブ・マンスフィールド氏、ピーター・オッペンハイマー 最高財務責任者(CFO)、マーケティング責任者フィル・シラー氏、 法務担当役員ブルース・シュアル氏、オペレーション担当マネジャーの ジェフ・ウィリアムズ氏は昨年11月に制限付き株式15万株をそれぞれ付 与された。13年から16年にかけて受領する。インターネットソフトウエ ア担当のエディー・キュー氏は昨年の昇進以来、20万株を支給されてい る。

原題:Apple CEO Cook to Forgo $75 Million Dividend From Stock Awards(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE