【個別銘柄】DOWAが午後急落、JTや不動産は上昇、ソニー安い

きょうの日本株市場で、価格変動 材料の出た銘柄の終値は以下の通り。

DOWAホールディングス(5714):前日比11%安の443円。埼 玉県はきょう、浄水場で基準を上回るホルムアルデヒドが検出された 問題で、同社グループのDOWAハイテックが原因物質を含む廃液の 処理を産業廃棄物処理業者に委託していることが判明した、と発表。 DOWAハイテックでは、すでにこの処理業者への委託を中止してい るという。市場に一連の情報が伝わった午後に急落基調を強めた。

JT(2914):5.2%高の44万7500円。ベルギーのたばこ会社、 グリソンを買収すると24日に発表。同社の全発行済み株式を取得し、 買収額は4億7500万ユーロ(約510億円)を見込む。クレディ・スイ ス証券では、グソリンが手掛ける手巻きたばこは堅調な成長市場と評 価した上で、買収額は妥当との見方を示した。

不動産株:三井不動産(8801)が1.8%高の1285円、住友不動産 (8830)が1.8%高の1681円、東京建物(8804)が1.2%高の248円 など。米ゴールドマン・サックスが4年ぶりに日本で不動産投資を再 開する、と25日付の日本経済新聞朝刊が報道。年金基金などから資金 を募り、都心のオフィスビルなどに投資、投資額は1000億円に上る見 通しという。国内不動産市場の活性化観測に加え、三井不にはゴール ドマン証が投資判断を「中立」から「買い」に上げる材料もあった。

東急不動産(8815):3.2%高の350円。JPモルガン証券は24 日、投資判断を「中立」から「オーバーウエート」に引き上げた。足 元で強含みな業績モメンタムを考慮し、同証による業績予想を増額。 分譲マンション、小売、仲介などの収益改善で中長期的な安定成長の 可能性が高まってきた、としている。

ソニー(6758):4.5%安の1055円。同社映画部門のソニー・ピク チャーズは、今週末に公開される3D映画「メン・イン・ブラック(M IB)3」の観賞用メガネの費用を自社で支払うことになった。東証 1部33業種の電機株指数の下落寄与度でトップ。

三菱マテリアル(5711):3.3%安の207円。野村証券は24日、2013 年3月期の連結経常利益予想を13%減額し、目標株価を290円から270 円に引き下げた。足元で経済情勢の不安定化の影響などから銅価格が 下落していることがリスク要因だ、と指摘。また、米国でセメントの 値上げが足元であまり進んでいない点にも言及した。

日本製鋼所(5631):4.1%安の402円。SMBC日興証券は24 日、目標株価を670円から420円に引き下げた。電力・原子力事業の 採算性低下や石油精製用圧力容器の受注回復遅延などを考慮するとし、 13年3月期の連結営業利益予想を200億円から157億円に、14年3月 期を300億円から188億円にそれぞれ減額した。

ニッパツ(5991):2.7%高の849円。JPモルガン証券は24日、 目標株価を960円から1200円に上げた。同社のハードディスクドライ ブ(HDD)サスペンションのデュアル・ステージ・アクチュエータ ー(DSA)搭載本格化を受け、サスペンションの単価上昇やシェア 再上昇を予想。また、シート事業拡大は日産自動車の中期計画にけん 引されたグローバル展開であることが明確となり、新たな成長フェー ズに入ったとの見方を示した。13年3月期の連結純利益予想を200億 円から250億円、14年3月期を237億円から254億円に増額した。

イズミ(8273):4.5%高の1574円。発行済み株式総数の1%に当 たる80万株、金額で16億円を上限に自社株買いを行うと24日に発表。 取得期間は6月1日から7月31日までとし、目先の需給改善を見込む 買いが入った。

大日本印刷(7912)、凸版印刷(7911):大日印が2%高の603円、 凸版印が1.9%高の491円。両社の堺工場における液晶カラーフィル ター事業をシャープ子会社に統合する、と24日に発表。大型液晶事業 の一層の効率化を図り、競争力強化を目指すとした。ドイツ証券では、 第10世代カラーフィルター事業からもたらされる収益変動リスクを 回避することができ、両社にポジティブな決定との認識を示した。

三菱UFJリース(8593):2.8%安の2905円。野村証券では24 日、投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を4900円から3400 円に引き下げた。資金調達コスト控除前の売り上げ収益(売り上げ総利 益+資金調達コスト)は、営業資産利回りの低下などにより停滞してい ると指摘。12年3月期までのクレジットコスト、資金調達コストの低 下による増益局面は終えんを迎え、当面は業績伸び悩みが続くとした。

セブン&アイ・ホールディングス(3382):2.4%高の2384円。大 和証券は24日、投資判断を「3(中立)」から「2(アウトパフォー ム)」、目標株価を2450円から2850円に引き上げた。成長力の高まり を評価する局面に入ったと見ており、主力、成長分野のコンビニエン スストア(CVS)事業への投資積極化の姿勢を評価。同証による13 年2月期営業利益予想を3160億円、14年2月期を3380億円と従来か らそれぞれ100億円、120億円上積みした。

ネクソン(3659):1.9%高の1331円。野村証券は24日、中国で はゲームユーザーの購買力の向上と当社主力ゲームの運営力の向上が 同時に進行しているとみられる、と指摘。中国の売り上げ見通しを引 き上げ、目標株価を1600円から1700円に上方修正した。投資判断「買 い」は継続。

エーザイ(4523):1.3%高の3185円。13年3月期の研究開発費 を除く販売費・一般管理費の売上高に対する比率は、前期比約3ポイ ント低下の36.2%になる見通しと25日付の日経新聞朝刊が報道。採 算性の好転を見込む買いが先行した。

日本鋳造(5609):8.9%高の111円。日立建機(6305)と資本業 務提携し、同社を引き受け先とする第三者割当増資を実施、10 億4600 万円を調達すると24日に発表した。調達資金は川崎工場での製造機械 の設備投資資金に充当予定。財務安定化と今後の提携効果を見込む買 いが広がった。東証2部の売買高、上昇率で2位。

毎日コムネット(8908):3.7%高の425円。業績の順調推移を理 由に12年5月期の期末配当予想を1株当たり12円と、従来計画、前 期の11円から増配すると24日に発表。株主還元姿勢が好感された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE