TOPIX小反落、景気敏感業種安い-77年来の8週連続安に

東京株式相場は値下がり銘柄が優 勢となり、TOPIXが小幅反落。ギリシャ情勢など根強い欧州債務 懸念による業績の先行き不透明感から、鉄鋼や非鉄金属など素材関連、 海運、商社、電機といった海外景気に敏感な業種が下げた。

半面、食料品や医薬品など景気変動に左右されにくいディフェン シブ関連業種は堅調。小売株のほか、投資資金流入による市況改善期 待で不動産株も上げるなど、相対的に内需関連が指数を下支えした。

TOPIXの終値は前日比0.14ポイント(0.02%)安の722.11。 一方、日経平均株価は17円1銭高の8580円39銭と小幅に続伸した。 いずれも週間ベースでは8週連続安で、ブルームバーグ・データによ るとTOPIXは1977年11月以来、34年半ぶりで、日経平均は92 年5月以来の連続下落記録となった。

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントの中尾剛也シニアイ ンベストメントマネジャーは、34年超ぶりの連続安記録について「日 本株はリスクオフモードになったときに、株式から債券への資金シフ トだけでなく、それを背景とした内外金利差縮小による円高で業績懸 念も高まる」と指摘。需給、ファンダメンタルズの両面という「日本 株特有のダブルパンチが下げ長期化の要因」と話した。

この日の株価指数は、前日終値を挟んで上下を繰り返し、方向感 が見えにくかった。イタリアのモンティ首相は24日、同国テレビ「L a7」に対し欧州連合(EU)首脳会議で指導者の過半数はユーロ共 同債支持だったとし、欧州は程なく共同債を持つことが可能だと述べ た。また、ギリシャがユーロを離脱することはないだろうとの見通し も示した。きのうの米S&P500種株価指数は一時0.6%安となったが、 同首相発言が手掛かりとなり、終値では0.1%高と4日続伸した。

ギリシャ急進左派の支持率上昇

米国で欧州に対する警戒がやや和らいだ流れを受け、朝方こそ高 く始まったが、ギリシャの世論調査で救済反対を唱えるギリシャ急進 左派連合の支持率が上昇するなど、ギリシャの選挙を見極めたいとし て買い手控えムードは強かった。東証1部売買代金は3日ぶりに1兆 円の大台割れ。シカゴ24 時間電子取引(GLOBEX)の米S&P 500種指数先物、中国上海総合指数の軟調な推移も上値を抑えた。

岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジストによると、 「もしギリシャ問題がイタリアなどの債務国へも波及すれば、株式市 場は大暴落しかねない。国内機関投資家がTOPIX中心に株式ポジ ションを継続して減らしており、広範囲に売りが出ている」という。

中国など世界景気に不透明感が漂う中、欧州問題がさらに景気や 企業業績に悪影響を与えるとの不安から、海外景気に敏感な業種を中 心に売りが先行。東証1部33業種の下落率上位には鉄鋼、非鉄、鉱業、 海運、ガラス・土石、その他金融、機械、保険、卸売などが並んだ。

DOWAH急落、JTや7&iは高い

売買代金上位では、今週末に公開される3D映画「メン・イン・ ブラック(MIB)3」の観賞用メガネの費用を自社で支払うことに なったソニーが大幅安。浄水場で基準を上回るホルムアルデヒドが検 出された問題で、埼玉県はDOWAハイテックが原因物質を含む廃液 の処理を産業廃棄物処理業者に委託していることが判明したと発表し、 DOWAホールディングスは急落した。

一方、TOPIXの下げも限定的で、日経平均は心理的節目の 8500円を維持した。24日時点の東証1部の株価純資産倍率(PBR) は2日続けての0.89倍と、昨年11月の相場底入れ時の0.88倍以来の 低水準。配当利回りや株価収益率(PER)も割安感を示し、「水準か ら考えて株価は今週が底だろう」と、損保J興亜の中尾氏は見ていた。

業種別では、海外景気に対する不安の影響もあり、食料品や医薬 品、小売、不動産、電気・ガス、サービスなど内需、ディフェンシブ 関連業種は総じて高い。

このうち不動産株では、米ゴールドマン・サックスが4年ぶりに 日本の不動産投資を再開する、と25日付の日本経済新聞朝刊が報道。 また、空室率のピークアウト後にオフィス市況の回復期待が高まる可 能性があり、株価は割安としてゴールドマン・サックス証券が投資判 断を「中立」から「買い」に引き上げた三井不動産は、不動産株指数 の上昇寄与度トップとなった。

ベルギーのたばこ会社、グリソンを買収すると前日発表し、野村 証券が強固な財務体力を活用した成長投資だとしてポジティブ評価し たJTは大幅高。成長力の高まりを評価する局面に入ったとし、大和 証券が格上げしたセブン&アイ・ホールディングスも高い。

東証1部の売買高は概算で15億6272万株、売買代金は同9684 億円。値上がり銘柄数は668、値下がりは837。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE