コンテンツにスキップする

中国投資がアリババ株取得で交渉、最大20億ドル-ロイター

中国最大の電子商取引運営会社アリ ババ・グループ・ホールディングは、同国の政府系ファンド (SWF)、中国投資(CIC)が同社の株式を最大20億ドル(約1600 億円)相当取得する可能性について交渉を進めている。米ヤフーから自 社株を買い戻す資金を調達するためという。ロイターが匿名の関係者の 話を基に報じた。

ロイターによると、アリババは最大で5億ドルの調達を目指し、ベ イン・キャピタルやブラックストーン・グループ、弘毅投資(ホーニ ー・キャピタル)などプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資 会社とも協議している。

アリババの香港在勤の広報担当、ジョン・スペリッチ氏はブルーム バーグの取材に対し、この報道に関するコメントを控えた。営業時間外 に中国投資に電話取材を試みたが、これまでに返答はない。

アリババは今週、米ヤフーが保有する株式の約半分をおよそ71億ド ルで買い戻すことで合意した。

原題:Alibaba in Talks to Sell Stake to China’s CIC, Reuters Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE