コンテンツにスキップする

米HP社債保証コスト、昨年10月来の大幅低下-予想上回る利益

24日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、コンピューターサービスを手掛ける米ヒュー レット・パッカード(HP)の社債保証コストが昨年10月以来の大幅低 下となった。前日発表した2-4月(第2四半期)の利益が市場予想を 上回ったことで業績回復への期待が高まった。

CMAのデータによれば、HPの社債保証コストはニューヨーク時 間午後3時11分(日本時間25日午前4時11分)現在、前日比12ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下し195.5bp。これは20.6bp 低下した昨年10月27日以来の大幅な下げだ。

HPの第2四半期の一部項目を除く利益は1株当たり98セントと、 アナリスト予想平均の91セントを上回った。同社は約2万7000人の人員 削減も発表。米モーニングスターのアナリスト、マイケル・ホルト氏は 「事業の長期的な健全性にとって有益で、社債保有者にとっても良いこ とだ」と評価した。

米企業の社債保証コストはこの日、全般的に低下した。イタリアの モンティ首相がテレビのインタビューで、ギリシャはユーロ圏にとどま るだろうと発言したことが材料。

ブルームバーグの集計によると、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時59分(日本時間25日午前5時59分)現在、前日比0.8bp 低下の117.4bpとなっている。

原題:HP Credit-Default Swaps Decline After Profit Surpasses Estimates(抜粋)

--取材協力:Aaron Ricadela、Zeke Faux.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE