中国大手行の融資は7年ぶり目標未達も-景気減速で需要鈍化

中国では景気減速で借り入れが抑制 され、大手銀行の今年の融資額が少なくとも7年ぶりに目標を下回る可 能性がある。事情に詳しい銀行当局者3人が明らかにした。

当局者の1人によれば、4月と5月に借り入れが落ち込んでいるこ とで、2012年通年の新規融資は全体で約7兆元(約88兆円)と、政府目 標の8兆-8.5兆元に届かない可能性が高い。公に話す権限がないとし て匿名を条件に語った当局者らによれば、銀行は大手国有企業の資金需 要が低下したことを受け、融資の伸びを中小企業に頼っている状況だと いう。

融資需要の枯渇は景気鈍化の深刻さを物語っており、温家宝首相に 対し、利下げや追加景気刺激策を求める圧力が増す可能性がある。ブル ームバーグ・ニュースの先週の調査によると、欧州債務危機が輸出を抑 制するほか、製造業活動の縮小、新築住宅の需要減退により、中国 の2012年の経済成長率は13年ぶり低水準になるとみられている。

中国人民銀行(中央銀行)の報道官と、中国工商銀行、中国建設銀 行、中国銀行の大手3行の広報担当者はいずれもコメントを控えた。中 国農業銀行の広報からもコメントは取れていない。

4月の新規融資は6818億元と、前月比33%減少した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は7800億元だった。

5月にはさらに落ち込む可能性がある。中国社会科学院 (CASS)金融研究所の劉煜輝主任は今週のインタビューで、貸し出 し全体の約40%を占める4大銀行による融資の実行は5月20日時点 で340億元にとどまっている。どのようにデータを入手したのかは明ら かにしなかった。同氏によると、銀行は月末の数日間に与信を増やす可 能性もあるという。

原題:China Banks May Fall Short of Loan Target as Demand Slumps (1)(抜粋)

--取材協力:Victoria Ruan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE