コンテンツにスキップする

ユーロはいったん持ち直し、再び下落へ-FXコンセプツ

為替ヘッジファンド、FXコンセプ ツの創業者ジョン・テーラー氏はユーロについて、向こう約1週間は対 ドルで値を戻しそうだが、その後はギリシャの選挙を前に再び下落に転 じるとの見通しを示した。

テーラー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「ユーロは売られ過ぎだ」と発言。「ユーロは6月1日あるいは4日ま では上昇するだろう。その後はギリシャ選挙の現実が意識され、再び下 げ始める。今後5、6日間に大きく売られるとはみていない」と述べ た。

ユーロはこの日、2010年7月以来の安値水準に下落した。ドイツの 企業景況感指数や製造業景気指数の落ち込みを受け、欧州債務危機の影 響が拡大しているとの懸念が強まった。

ニューヨーク時間午前8時10分現在、ユーロは対ドルで前日比ほぼ 変わらずの1ユーロ=1.2561ドル。一時は0.5%安の1.2516ドルと、10 年7月6日以来の安値を付けた。

テーラー氏は「ドイツはギリシャを離脱させるべきだ。ギリシャは 離脱を求めるべきだ。こうしたギリシャ問題を過去のものとすることが ユーロ存続への唯一の方法だ」と話した。

その上で、FXコンセプツでは「安全な逃避先」としてドルを選好 していると続けた。

原題:FX Concepts’ Taylor Says Euro to Rebound Before Resuming Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE