コンテンツにスキップする

米耐久財受注:4月はコア資本財1.9%減-2カ月連続マイナス

4月の米製造業耐久財受注では、設 備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)受注 が2カ月連続で減少した。設備投資の減速傾向が示された。

米商務省が発表した4月のコア資本財受注は前月比1.9%減。前月 は2.2%減に修正された。2カ月連続のマイナスは1年ぶり。製造業耐 久財受注額は0.2%増となり、伸びは市場予想と一致した。

変動の大きい輸送用機器を除く受注は0.6%減。輸送用機器では自 動車・同部品が5.6%増と大きく伸びた。民間航空機も3月の47%減か ら7.2%増に転じた。

4キャストのシニアエコノミスト、ショーン・インクレモナ氏(ニ ューヨーク在勤)は、「今回の数字は、第2四半期(4-6月)に入る 際にモメンタム(勢い)を欠いていた状況と合致している」と指摘。 「景気回復の動きは底堅いようではあるが、必ずしも力強さを増してい るわけではない」とした上で、企業は「経済の実際の力強さ」をめぐり 不透明感を抱いている、と述べた。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるコア資本財の出荷 は1.4%減となった。前月は1.9%増だった。

覧ください。

原題:Demand for Business Equipment in U.S. Falls for Second Month (2)(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE