コンテンツにスキップする

人民元が下落、10週間ぶり安値-欧州懸念と中国指標が響く

中国人民元は24日、ドルに対し下落 し、10週間ぶりの安値を付けた。中国の製造業活動が5月に7カ月連続 で縮小していることを示唆する指標に加え、欧州首脳間の対立でギリシ ャのデフォルト(債務不履行)回避に向けた取り組みが行き詰まってい ることが響いた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.16%安の1ドル=6.3447元で終了。3月14日以来の安値 となった。

香港のオフショア市場では、元は0.13%安の6.3410元。ブルームバ ーグが集計したデータでは、元の1年物ノンデリバラブル・フォワード (NDF)は0.17%安の6.4060元。上海スポット取引の元相場を0.96% 下回る水準となっている。一時6.4083元と、年初来安値を記録した。

原題:Yuan Drops to 10-Week Low on Europe’s Debt, China’s Flash PMI(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE