コンテンツにスキップする

シャープ株が午後一段高、鴻海に数百億円で技術供与の報道-東京市場

シャープの株価が午後一段高とな り、約2カ月ぶりの日中上昇率を記録。資本提携先で世界最大の受託製 造業者である台湾の鴻海精密工業に液晶パネルの先進技術を供与し、最 大で数百億円を受け取る方向で最終調整中と、日本経済新聞電子版が報 じたことが手掛かり。

株価は一時、前日比9.5%高と、鴻海出資の発表を受けストップ高 (値幅制限いっぱいの上昇)となった3月28日以来の上昇率を示した。 終値は同7.1%高の395円。売買代金は国内上場株で3位。

日経は、鴻海が中国・四川省に建設する液晶パネル工場にシャープ が技術者を派遣し、高精細パネルの表示方法や不良品を少なくする管理 技術などを供与する見込みだと報じた。合弁会社設立による携帯電話事 業の共同展開も視野に入れていると伝えた。

シャープ広報の中山みゆき氏はブルームバーグの電話取材に、鴻海 とは「さまざまな検討をしているが、個別のテーマにはコメントできな い」と述べた。エース経済研究所の安田秀樹アナリストは、報道が事実 との前提の上で、シャープにとっては「技術が流出することはあり得る が、業績が厳しくて背に腹は代えられない」と述べている。

シャープは取引終了後に、液晶主力の堺工場運営会社に対する出資 をソニーが解消することが決まったと発表。ソニーは2009年にパネル 確保目的で7%を出資したが、3月の提携合意で鴻海側が運営会社への 出資を表明し、引き揚げる可能性が出ていた。出資比率はシャープと鴻 海側が各37.6%、資本参加を表明していた凸版印刷と大日本印刷が各

9.5%となる見通し。

--取材協力 天野高志 Editor:駅義則, 室谷哲毅, 淡路毅

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 小笹俊一 Shunichi Ozasa +813-3201-3624 sozasa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人   Yoshito Okubo +813-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net 香港        Michael Tighe +852-2977-2109 mtighe4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE