ブラックベリーのRIM、販売責任者スペンス氏が退社

スマートフォン(多機能携帯電話) 「ブラックベリー」を手掛けるカナダのリサーチ・イン・モーション( RIM)でグローバル販売責任者を務めていたパトリック・スペンス氏 が退社した。苦戦の続く同社では経営幹部の交代が続いている。

同社広報担当者は電子メールで、スペンス氏のRIM在籍期間は14 年で、今後は別の業界に移ると説明した。販売チームは今夏以降、新最 高執行責任者(COO)のクリスティアン・ティアー氏が率いることに なり、それまではトルステン・ハインス最高経営責任者(CEO)が直 接統括するという。

1月に就任したハインスCEOは販売低迷と株価下落に悩まされて おり、人材集めと引き留めが困難になっている。同CEOは巻き返し策 の一環として、ソニーの元幹部ティアー氏を今月COOに起用した。

原題:RIM Sales Chief Patrick Spence Resigns From BlackBerry Maker (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE