コンテンツにスキップする

独BMW:中国で生産3倍増へ-1市場に過度の依存の恐れも

高級車メーカー最大手、ドイツの BMWは中国での自動車の生産台数を3倍に拡大する計画だ。1市場へ の過度の依存を避ける取り組みが損なわれる恐れがある。

同社は24日、10億ユーロ(約1000億円)規模の事業拡張の一環とし て、中国の新工場でコンパクトサイズのスポーツ型多目的車(SUV) 「X1」の生産を開始する。鉄西工場の稼働により、瀋陽の既存工場と 合わせた中国での生産能力は年間最大30万台と、従来の10万台から拡 大。同社がドイツ以外で複数の組み立て施設を持つのは中国だけとな る。

独フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディと高級車販売で首位 の座を争うBMWは、今回の措置で成長に向けた中国への依存が強まる 可能性がある。BMWの2012年1-4月の世界販売台数は前年同期と比 べ4万3800台増えた。うち60%が中国での増加分。アウディのデータに よると、今年の販売の伸び(4万9300台)のうち74%を中国が占めてい る。

フロスト・アンド・サリバン(インド・チェンナイ)のリサーチア ナリスト、プラナ・タルシハラン・ナタラジャン氏は、高級車メーカー が直面している難問を指摘する。同氏は「中国ほど大規模な販売台数を 提供できる地域はほかにない」とした上で「中国が経済的混乱に陥れ ば、独自動車メーカーの大半は数十万台の在庫を抱えることになりかね ない」と述べた。

原題:BMW Tripling China Output Risks Audi-Like Asian Dependence: Cars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE