コンテンツにスキップする

フェイスブック株、今年42%急落も-欧州プットワラント示唆

ソーシャル・ネットワーク・サービ ス(SNS)の米フェイスブックの株価は、年内に新規株式公開 (IPO)価格から42%余り下落するとの見通しが仕組み商品の投資家 らの取引で示されている。

ブルームバーグのデータによれば、フェイスブック関連の仕組み商 品のうち、株式公開後に最も活発に取引されているのは、株価があらか じめ定めた水準を下回った場合に買い手が利益を得るプットワラント だ。最も低い場合には22ドルに設定されているケースもある。

欧州ではスイスのUBSとジュリアス・ベア・グループ、ドイツの コメルツ銀行などがフェイスブックの株価に連動する1182本のワラント と証券を上場している。フェイスブックのIPO価格は38ドルだった。

フランクフルトのバンク・フォントベルでドイツとオーストリア向 けの販売責任者を務めるヘイコ・ガイガー氏は「プット(売る権利)の 方に強い需要がある。プットとコール(買う権利)が7対3といったと ころだ。一部の投資家は急落するとの見方を示している」と話す。フェ イスブックの広報担当、アシュリー・ザンディー氏はコメントを控えて いる。

ハイテク企業で過去最大となる160億ドル(約1兆2700億円)規模 のIPOを17日に実施した後、フェイスブックの株価は急落し、23日 は32ドルで終了。IPO引き受けで主幹事を務めたモルガン・スタンレ ーとフェイスブックが後援者による株式放出を促すため、IPOの価格 レンジを引き上げたことを関係者が明らかにしたことで、米証券取引委 員会(SEC)と米金融取引業規制機構(FINRA)は、フェイスブ ックのIPO案件を調査対象とする可能性を示唆している。

原題:Facebook at $22 by December Seen in Europe’s Structured Warrants(抜粋)

--取材協力:Alexis Xydias、Douglas MacMillan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE