セントルイス連銀総裁:ギリシャがユーロ離脱でも影響限定-ロイター

セントルイス連銀のブラード総裁は ギリシャがユーロ圏を離脱しても、米国や欧州各国に大きな打撃を引き 起こさないだろうと述べた、とロイター通信が伝えた。

同総裁は「ギリシャは離脱の可能性があるが、欧州や米国に大きな 打撃を与えずに適切に対処可能だと考えている」と語った。

同総裁は欧州中央銀行(ECB)が欧州地域の銀行システムを支え ることを約束しており、米経済や米金融システムへのリスクは抑制され ると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE