NY外為:ユーロが下落、対円で100円割る

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対し2010年7月以来の安値に下落。欧州連合(EU)首脳 会議では、ソブリン債危機を阻止するための新たな措置は打ち出されな いとの観測が広がった。

ユーロは対円で2月以来の1ユーロ=100円割れ、対ドルで1.26ド ルを割り込んだ後、さらに下げを拡大。テクニカル分析を利用するトレ ーダーは、この水準で売り注文が集中したと指摘した。円はブラジル・ レアルを除く全ての主要通貨に対して上昇。日本銀行が金融政策の現状 維持を決定したことに反応した。レアルは主要通貨全てに対して値上が り。ブラジル中央銀行がレアル下落阻止に向け、通貨スワップ入札を実 施したことが手掛かりとなった。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ラビ・バラドワジ氏は「EU首脳会議で決定される真の意味での 政策行動を推測するのは難しいだろう。為替相場の先行きを予想するに 当たっては、言葉の含意が鍵となる」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.8%安 の1ユーロ=1.2582ドル。一時1.2545ドルと、10年7月13日以来の安値 を付けた。対円では1.4%下げて100円ちょうど。一時99円54銭と、2月 1日以来の円高・ユーロ安となった。円は対ドルで0.6%値上がりし、 1ドル=79円47銭。

ファンロンパイEU大統領はサミット招請の書簡で、ユーロ圏の危 機の議題は「一番最後」に取り上げられると説明した。

レアル、カナダ・ドル

レアルは2.8%高の1ドル=2.0326レアルと5営業日ぶりに反発。 ブラジル中銀は前日にも通貨スワップ入札を2回実施した。レアルは今 年に入り8.6%下落しており、主要16通貨の中で最も下げがきつい。

カナダ・ドルは米ドルに対し続落。0.5%安の1米ドル=1.0252カ ナダ・ドルとなった。カナダの3月の小売売上高は過去最高となった が、市場では株式および商品相場の下落が材料視された。

MSCI世界指数は1%安。商品銘柄で構成するS&P・GSCI スポット指数は1.9%下げた。

南アフリカ・ランドは主要16通貨の大半に対して値下がり。4月の インフレ率が市場予想を下回る伸びにとどまり、年内は政策金利が据え 置かれるとの観測が強まったことが背景。対ドルでは0.7%安の1ドル =8.3853ランドとなった。

円の反発

円は対ドルで3日ぶり反発。前日までの2日間は、日銀が政策決定 会合で追加緩和を決定するとの見方から下げていた。

日銀は23日開いた金融政策決定会合で、基金のうち金融資産の買い 入れを40兆円で据え置いた。このほか、固定金利方式の共通担保オペ を30兆円で据え置いた。政策金利は0-0.1%に維持した。

シティグループのG10通貨戦略担当の北米責任者、グレッグ・アン ダーソン氏は「日銀が何らかの行動を起こすことがリスクだったため、 市場は予想外の緩和の可能性を織り込まざるを得なかった。よってショ ック反応から円が上昇した」と分析。「これでリスクは消え去り、ヘッ ジを外せる状況になった」と説明した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は一時0.9%高の82.221と、10年9月10日以来の高水準を付け た。

原題:Euro Drops to 22-Month Low on EU Crisis Concern; BOJ Lifts Yen(抜粋)

--取材協力:Josue Leonel、Robert Brand、Emma Charlton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE