コンテンツにスキップする

NY金:続落、2週間ぶり大幅安-欧州懸念でドル上昇

ニューヨーク金先物相場は続落。2 週間ぶりの大幅安となった。欧州債務危機が深刻化しているとの懸念が 強まりドルが上昇したことで、代替投資先としての金の需要が減退し た。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して一時20カ月ぶりの高値を付 けた。この日は欧州連合(EU)首脳会議が開かれている。ギリシャは 選挙戦に突入しており、ユーロ圏残留の是非を問う投票となる見通し だ。インドの宝飾業界団体によると、世界最大の金消費国である同国の 金宝飾需要は4-6月に最大40%減少する可能性がある。

MLVのシニアリサーチアナリスト、リック・トロットマン氏は電 話インタビューで、「ユーロ崩壊への不安から、ドルに買いが集まって いる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1.8%安の1オンス=1548.40ドルで終了。中心限月として は8日以来の大幅下落となった。

原題:Gold Declines Most in Two Weeks as European Crisis Boosts Dollar(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE