コンテンツにスキップする

5月23日の欧州マーケットサマリー:株は大幅反落、ドイツ債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2558   1.2684
ドル/円             79.40    79.96
ユーロ/円           99.72   101.42


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  239.51     -5.25    -2.1%
英FT100     5,266.41   -136.87   -2.5%
独DAX      6,285.75   -149.85   -2.3%
仏CAC40    3,003.27   -80.82    -2.6%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .05%        -.01
独国債10年物     1.38%       -.08
英国債10年物     1.77%       -.10


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,549.00    -33.50   -2.16%
原油 北海ブレント        105.60     -2.81    -2.59%

◎欧州株式市場:大幅反落、ギリシャ懸念で-LSEや資源株に売り

23日の欧州株式相場は1カ月ぶりの大幅安。ブリュッセルで開かれ る欧州連合(EU)首脳会議を控え、ギリシャがユーロ圏を離脱すると の懸念が強まった。

ロンドン証券取引所グループ(LSE)は2年半ぶりの大幅安。イ タリアの銀行大手、ウニクレディトとインテーザ・サンパオロがLSE 株を売却したことがきっかけ。銅や金相場の下落を背景に、ベダンタ・ リソーシズやペトロパブロフスクなど資源関連株も安い。フランスのミ シュランを中心にタイヤメーカーも軒並み下げた。

ストックス欧州600指数は前日比2.1%安の239.51で終了。4月23日 以来の大幅下落となった。前日まで2日間は続伸し、上昇率は合わせ て2.5%だった。

ニューフリズ・プライベート・アセット(パリ)で運用に携わるエ マニュエル・スープル氏は、ギリシャに関する懸念が「相場の大きな重 しになっており、状況を不透明にしている」と指摘。「企業動向は順調 だが、マクロ経済は面倒なことになっている。引き続き慎重に行動する べきだ」と述べた。

この日の西欧市場では、18カ国中アイスランドを除く17カ国で主要 株価指数が下落した。

原題:European Stocks Decline Amid Greek Concern; LSE, Vedanta Tumble(抜粋)

◎欧州債券市場:ドイツ債上昇、利回り最低-スペイン債に売り

23日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、利回りは5年、10 年、30年物とも過去最低を更新した。この日の欧州連合(EU)首脳 会議でソブリン債務危機封じ込めの新たな対策が合意されることはな いとの見方が広がった。

独30年債利回りは初めて2%を割り込んだ。ギリシャのパパデ モス前首相は米紙ウォールストリート・ジャーナルに対し、極めて低 い確率ながらギリシャがユーロ圏を離脱するリスクはあると語った。 投資家は安全資産を求め、ドイツ政府がこの日実施した2年債入札で は、目標上限としていた50億ユーロを上回る応札があった。スペイ ン債は下落。同国のラホイ首相は、EU首脳会議で国債取引における 流動性不足を話し合うと述べた。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 (ロンドン在勤)は「EU首脳が主要議題で支援策を打ち出せる公算 は小さく、市場は失望するかもしれない。このためドイツ債が引き続 き選好されている」と指摘。「入札も好調だった」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時1分現在、ドイツ10年債利回りは前日比 8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.38%。一時 は1.376%と、ブルームバーグが1989年にデータ収集を開始して以 来の低水準となった。同国債(表面利率1.75%、2022年7月償還) 価格は0.8上げ103.425。

5年債利回りは7bp下げて0.44%。過去最低の0.434%を付 ける場面もあった。30年債利回りは一時、11bp低下の1.986%。

独2年債入札では45億6000万ユーロを発行。平均落札利回り は0.07%と過去最低だった。ドイツ連邦銀行が明らかにした。

スペイン10年債利回りは13bp上昇し6.21%。一時は15bp 上げた。イタリア10年債は6営業日ぶりに値下がりし、利回りは11 bp上昇の5.69%。

原題:Bund Yields Drop to Records on Crisis Concern Before EU Summit(抜粋)

◎英国債券市場:上昇、量的緩和の拡大期待

23日の英国債相場は上昇。利回りは2年、5年、10年物がそれ ぞれ過去最低を付けた。イングランド銀行(英中央銀行)がこの日公 表した議事録によれば、今月9、10両日開催の金融政策委員会(MP C)で量的緩和(QE)の休止を決定したMPCメンバーの一部は「微 妙な均衡」に基づいてそうした判断を行っていたことが分かった。

同議事録によれば、MPCは8対1で資産購入枠を3250億ポン ドで維持しQEをいったん打ち切ることを決定。国際通貨基金(IM F)は22日の報告書で、英中銀は一段の景気刺激策を講じる必要が あると指摘している。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの英国債ストラテジスト、サム・ ヒル氏は「MPC議事録からの英国債市場へのメッセージは、必要に 応じてQEが拡大される確かな可能性があるということだ。それで相 場が支えられている」と述べた。「市場はIMFの前日の指摘を深刻に 受けとめている。QE拡大の期待が増すのは支援要因だ」と付け加え た。

ロンドン時間午後4時10分現在、10年債利回りは1.78%。一 時は前日比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

1.757%と、過去最低を付けた。同国債(表面利率4%、2022年3 月償還)価格は0.96上げ119.92。2年債利回りは0.242%、5年 債は0.735%といずれも過去最低に下げた。

原題:U.K. Bond Yields Fall to Records After BOE Minutes, Retail Sales(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net  Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE