コンテンツにスキップする

フィンランド首相:ギリシャは救済条件順守を-共同債に反対

フィンランドのカタイネン首相は、 ユーロ圏はギリシャ支援でできることは既に実施したとし、同国は欧州 連合(EU)が主導した2度の救済に伴う条件を順守しなければならな いと指摘した。

カタイネン首相は23日、EU首脳会議前にブリュッセルで記者団に 対し、「ユーロ圏としてすべきことはした。今はギリシャの誓約が待た れる」とし、「ギリシャが予定していたことをやらないと言える機会が あるとは思えない。我々はパッケージを順守しなければならない」と述 べた。

同首相はまた、ユーロ参加国政府の資金調達の目的で共同債を発行 する案には反対する姿勢を示した。「ユーロ共同債には賛成できない。 あまりに長い年月にわたりあまりに多くの国が極めて低利で融資を受け てきており、ユーロ共同債を加えることでこの問題を制度化したくな い」と論じた。

原題:Katainen Says Euro Zone Has Done What It Can to Help Greece (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE