コンテンツにスキップする

IMF専務理事:欧州はギリシャ支援の拡大・延長の検討可能

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は、欧州諸国はギリシャをユーロ圏にとどめるため、同国への 支援の増額や期間延長を検討することが可能だとの見解を示した。

同専務理事は英BBCラジオ4とのインタビューで、欧州の指導者 らはギリシャの離脱を容認すると決めるならば、金融市場への影響の危 険度について熟考しなければならないと指摘した。同時に、ギリシャの 有権者はユーロ圏に残りたいとする一方で、総選挙では救済合意に反対 する政党に票を投じ矛盾したメッセージを送っているとも語った。金融 当局者らはギリシャ危機に関し、あらゆる結果に備えなければならない と付け加えた。

原題:Lagarde Says EU Governments Could Choose to Help Greece More(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE