コンテンツにスキップする

【今日のチャート】リスクはギリシャ選挙後-オプション示唆

オプショントレーダーは、来月実施 されるギリシャの再選挙後にユーロ相場が一段と大きく変動するとの予 想を織り込みつつある。金融混乱がユーロ圏の高債務国に波及するとの 観測が背景だ。

今日のチャートは、上段でユーロ・ドルの3カ月物(赤色の線)と 1年物(緑色の線)オプション取引のインプライド・ボラティリティー (IV)が、ユーロ安に伴い今月4カ月ぶりの高水準に達したことを表 している。下段はユーロ・ドル相場(青色の線)が18日に1ユーロ =1.2642ドルと1月以来の安値を付けたことを示している。ギリシャが これまでの金融支援の条件である緊縮プログラムへの取り組みを後退さ せるかもしれないとの懸念がユーロの下落につながった。

ギリシャでは6月17日に再選挙が実施される。5月6日の総選挙で は国際社会からの救済に反対する政党が第2党に躍進し、同国がユーロ 圏から離脱するとの懸念が台頭。ユーロは対ドルで今月これまで に4.2%値下がりした。

クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント 銀行の上級オプションストラテジスト、サイモン・スモレット氏(ロン ドン在勤)は「ユーロ・ドルのオプション市場は、トレーダーが来年に ついて心配していることが示されている」と指摘。「オプション市場参 加者は将来的に通貨のボラティリティーが急速に高まるとみている」と 述べた。

原題:Euro Volatility Shows Risk Eclipses Greek Vote: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE