野田首相:財政健全化の法案審議を市場は警戒感持って注目

野田佳彦首相は23日午後の衆院社会 保障・税一体改革特別委員会で、格付け会社フィッチ・レーティングス が日本の長期発行体格付けを引き下げたことに関連して、「財政健全化 に関わる法案の審議を市場も警戒感を持って、国際社会もある意味、非 常に注目しているということは心の中にしっかり押さえながら議論しな ければいけない」と述べた。

首相は、フィッチによる格下げに関して「基本的には民間の格付け 会社の評価について逐一、コメントしないというのが政府の基本的な立 場だ」と語った。その上で、「ましてやこういう議論をやる時に、あま りマーケットのリスク等々を持ちだす議論も差し控えなければならな い」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE