コンテンツにスキップする

ブラジル:金利先物利回り、1年半ぶり大幅上昇-レアル下落

22日のブラジル市場では、金利先物 の利回りがここ約1年半で最大の上昇となった。自動車販売促進に向け た政府の措置を受けて、ブラジル中央銀行が利下げペースを鈍化させる との観測が強まった。

スルアメリカ・インベスチメントスのチーフエコノミスト、ニュー トン・ローザ氏はサンパウロから電話取材に応じ、「今回の措置は中銀 が利下げ姿勢を転換せざるを得なくなるほどの景気回復はもたらさない だろうが、中銀がより緩やかな利下げを行うとの見方を裏付けるもの だ」と指摘した。

2014年1月限の金利先物の利回りはサンパウロ時間午後6時(日本 時間23日午前6時)現在、25ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の8.44%。2010年11月以来の大幅な上昇となった。通貨 レアルは2.3%安の1ドル=2.0907レアル。

原題:Brazil Rate Futures Yields Rise on Stimulus; Real Extends Drop(抜粋)

--取材協力:Maria Luiza Rabello.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE