コンテンツにスキップする

中国発改委研究員:2012年の成長率は7%未満の可能性-WSJ

中国は一段の景気刺激策を導入しな ければ、2012年の成長率が7%未満となる可能性があると、米紙ウォー ルストリート・ジャーナルが中国国家発展改革委員会(発改委)マクロ 経済研究院の陳東琪副院長の発言として報じた。同氏は中国政府は景気 てこ入れのため貸出基準金利と預金準備率を引き下げるべきだと述べた という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE