コンテンツにスキップする

JPモルガン、SEC元法規執行局長と契約-当局調査に対応

米銀最大手JPモルガン・チェース は、20億ドル(約1600億円)のトレーディング損失をめぐる監督当局の 調査に対応するため、米証券取引委員会(SEC)法規執行局のウィリ アム・マクルーカス元局長と雇用契約を結んだ。事情に詳しい関係者2 人が非公開情報であることを理由に匿名で明らかにした。

JPモルガンがチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)部 門で「自ら招いた」と説明した損失の公表を受けて、SECのほか、商 品先物取引委員会(CFTC)、通貨監督局(OCC)、連邦捜査局 (FBI)が調査に動いている。JPモルガンは損失がさらに膨らむ可 能性があるとの見通しを示している。同社広報担当のクリスティン・レ ムコウ氏からこれまでのところコメントは得られていない。

SECのシャピロ委員長は22日の議会証言で、JPモルガンによる 損失リスクの開示方法が調査の焦点になる可能性を示唆。SECが同行 の1-3月(第1四半期)の財務報告の信ぴょう性を検証していると述 べた。

ワシントンで現在、法律事務所ウィルマー・カトラー・ピカリン グ・ヘール・アンド・ドアのパートナーを務めるマクルーカス氏(61) は、1989-98年にSECの法規執行局を統括し、エンロンとワールドコ ムの破綻への対応でも主導的役割を果たした。同氏に電子メールと電話 でコメントを求めたが、これまでのところ返答がない。

原題:JPMorgan Said to Hire Ex-SEC Enforcement Chief McLucas in Probes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE