コンテンツにスキップする

ドイツの2年債入札、表面利率は0%へ-危機で資金避難先に

ドイツが23日入札する2年物国債の 表面利率は0%となりそうだ。債務危機から資金を避難させたい投資家 を引き付ける見込みだ。

独連邦銀行の22日のデータによると、ユーロ圏で唯一、最上級 「AAA」格付けの安定的見通しを持つドイツは、2年債を最高50億ユ ーロ(約5070億円)発行する見通しで、表面利率は過去最低の0%とな る見込み。前回4月18日の2年債入札では利率は0.25%だった。

ジェフリーズ・インターナショナルのシニアエコノミスト、マーチ ェル・アレクサンドロビッチ氏は「市場の極端なリスク回避姿勢を反映 したものだ」と述べ、「ユーロのプロジェクトがどこに向かうのか、よ り明確になるのを投資家は待つ構えだが、この地域での主要な投資基準 は利益を得ることよりも元本を回収できることにある。だからドイツが この金利で借りられるのだ」と分析した。

ギリシャのユーロ離脱懸念が今月6日の総選挙後に高まったことな どから、ドイツの借り入れコストは過去最低を付けている。米格付け会 社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによるスペインの銀行16行 格下げを受けた先週末には、ドイツの2年、5年、10年、30年物国債利 回りは過去最低を記録した。

ドイツの2年債利回りはロンドン時間午後2時17分(日本時間同10 時17分)時点で約2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 し、0.06%。18日には0.031%に低下していた。

原題:Germany to Borrow for Free at Two-Year Sale Amid Debt Crisis (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE