コンテンツにスキップする

独SAPが米アリバ買収で合意、43億ドル-クラウド事業推進へ

経営管理ソフトウエアメーカー最大 手、ドイツのSAPは、企業向けオンライン取引プラットフォームを手 掛ける米アリバを43億ドル(約3400億円)で買収することで合意した。 クラウドコンピューティング事業推進に大きく動く。

22日の発表によると、SAPはアリバ株1株に付き45ドルを支払 う。これはアリバの21日の株価終値を20%上回る水準だ。買収計画はア リバの株主と当局の承認を得た上で、7-9月(第3四半期)中に手続 きが完了する見通し。22日のニューヨーク市場でアリバ株は前日比19% 高の44.87ドルで終了した。

SAPによると、アリバはクラウドベースのコラボレーティブ・コ マース・アプリケーションの分野で先頭に立つ。オンデマンド・ソフト で競争が激化しており、SAPは最大の競合企業である米オラクルに対 抗するため、買収ペースを加速。昨年12月にはオンラインの人事管理ア プリを手掛ける米サクセスファクターズを34億ドルで買収することで合 意している。クラウド市場への参入に弾みを付ける狙いがあった。

同社のビル・マクダーモット、ジム・ハガマン・スナーベ両共同最 高経営責任者(CEO)は発表資料で、「クラウドベースのコラボレー ションは企業のネットワーク革新を定義し直しつつあり、われわれは早 い段階でその波に乗っている」と説明した。

SAPは2015年までにクラウド事業からの売上高を20億ユーロ (約2000億円)にする計画で、同年までの売上高目標(200億ユーロ 超)達成に寄与するものと期待している。

原題:SAP to Buy Ariba for $4.3 Billion in Cloud-Computing Push (1)(抜粋)

--取材協力:Joseph de Weck、Julie Alnwick、Serena Saitto.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE