レーン欧州委員:EU首脳はユーロ安定化への決意再表明を

欧州連合(EU)の行政執行機関で ある欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、 ブリュッセル で23日開かれるEU首脳会議(サミット)でユーロ圏安定化への決意を 再表明するよう求めた。

レーン委員は22日、欧州議会で「ユーロ圏の金融安定化と尊厳を守 るための決意をサミットであらためて表明することが重要だ」と述べ、 EU首脳による23日の夕食会議が6月後半に開催される通常のEUサミ ットでの決定事項にとって「重要な足掛かり」になるだろうと続けた。

さらに、欧州委員会はギリシャを「支える用意がある」と言明。 「ギリシャ国民によるこれまでの努力はすべて理解している。ギリシャ は引き続き財政・構造改革を進め、すでに交わした約束を尊重するよう 求める。これがユーロ圏内でのさらに繁栄した未来を最大限に保証する ものだ」と続けた。

原題:Rehn Urges EU Leaders to Reaffirm Commitment to Euro Stability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE