コンテンツにスキップする

NY金:続落、現物需要落ち込む-ドル上昇で代替需要も減退

ニューヨーク金先物相場は続落。宝 飾や工業向けの需要が減少した。ドルが上昇したことも、代替投資先と しての金買いが後退する要因となった。

UBSの21日のリポートによると、世界最大の金消費国であるイン ドの金需要は18日に3月下旬以来の低水準となった。ドルは主要通貨の バスケットに対して、この日は一時0.5%高、今月に入ってからは3.5% 上昇している。一方、金は月初から5.3%の値下がり。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「非常に慎重な見方が広が っており、押し目でも買い意欲はそれほど強くない」と指摘。「ドルが 上昇しており、金にとっては好ましくない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.8%安の1オンス=1576.60ドルで終了した。

原題:Gold Retreats in New York as Physical Demand Falls, Dollar Rises(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE