コンテンツにスキップする

夏休みはギリシャへ-急進左派党首がドイツで観光客を誘致

ギリシャの急進左派連合 (SYRIZA)のツィプラス党首は、ギリシャ経済を支援するため夏 休みはギリシャを訪れるようドイツ国民に呼び掛けた。

同党首は22日、ドイツの左派党幹部らとの会談後にベルリンで記者 団に対し、「ドイツの皆さんに夏休みの休暇先はギリシャを選んでいた だきたい」と話し、ギリシャのもてなしには定評があるとアピールし た。

ツィプラス党首は、「ドイツの納税者はいつまで際限のない支払い を続けなければならないだろうか」と問い掛け、「資金はギリシャ経済 に流れ込んでいるように見えるが、現実には銀行とバンカーが調達して いるだけだ」と指摘した。同党首はギリシャ問題への共通の解決策を求 めドイツに来たと説明し、緊縮策の方針変更はドイツの国益でもあると 訴えた。

さらに同党首は、「ユーロ圏には所有者もいないし、大家もいな い」と述べ、「われわれはテナントではない。平等なパートナーだ」と 強調した。

ツィプラス党首はギリシャが救済受け入れで合意した条件の撤廃と メルケル独首相が主導する緊縮策の中止を主張している。

原題:Greece’s Tsipras Appeals to German Taxpayers for Help in Crisis(抜粋)

--取材協力:Maria Petrakis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE