グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が5営業日ぶりの反発となっ た。中国がインフラ事業の認可を迅速に進めるとの報道が寄与した。政 府は景気を支えると表明している。

鉄道建設を手掛ける中国鉄建(1186 HK)は6.4%高。中国建設省傘 下の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)は3.9%上昇。原油相場 続伸で、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)や中国海洋石油 (CNOOC、883 HK)などの石油株も高い。

一方、アパレルメーカーの宝姿時装(589 HK)は38%安と、過去最 大の下落となった。上場規則に違反したとの発表やエドワード・タン会 長の辞任が響いた。

ハンセン指数は前日比116.83ポイント(0.6%)高の19039.15で終 了。構成銘柄中、値上がりと値下がりの割合は約3対1。ハンセン中国 企業株(H株)指数は同1.2%高の9698.60。

資金運用会社ロベコ・グループの香港部門で最高投資責任者 (CIO)を務めるアルナウト・ファンレイン氏はブルームバーグテレ ビジョンとのインタビューで、「ここ数カ月で中国についてかなり楽観 的になった」と説明。中国経済に関するデータは今後、ある程度良くな るだろうとの見方を示した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は続伸。中国政府が景気減速に対応 するためインフラ投資を加速するとの観測が広がったほか、ドイツとフ ランスの当局者がギリシャをユーロ圏にとどめるために取り組むと表明 したことが手掛かりとなった。

中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(600585 CH)は4月 以来の大幅高。政府はインフラ建設事業の承認を迅速化する計画だとの 中国証券報の報道が寄与した。建設機器の三一重工(600031 CH)や石 油会社のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)も高い。

中国の不動産開発会社、万科企業(200002 CH)と保利房地産集団 (600048 CH)が上昇。マッコーリー・セキュリティーズが中国は年内 に不動産抑制策を緩和する可能性があると指摘したことに加え、21世紀 経済報道が中国は試験的な不動産税を全国に拡大する公算は小さいと報 じたことが手掛かりとなった。

江海証券の陳力求ストラテジスト(上海在勤)は「欧州での展開に 加え、中国の支出拡大と政策緩和の見通しで投資家はほっとしている」 と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比25.01ポイント(1.1%)高の2373.31で終 了。前日は0.2%上昇だった。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は前日比1.6%高の2627.52。

【インド株式市況】

インド株の指標、センセックス30種株価指数は22日、アジアの株価 指数の中で最大の下げとなった。インドの通貨ルピーはドルに対して過 去最安値を更新し、政府のインフレ抑制と財政赤字を埋める資金の調達 が難航するとの懸念が再燃した。

インド最大の民間電力会社、タタ・ パワーは今年に入って最大の 下げ。インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは約 2年ぶりの大幅安となった。格付け会社フィッチ・レーティングスが日 本の信用格付けを引き下げたことを受け、ルピーは一時ドルに対して過 去最低となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日156.85ポイント (1%)安の16026.41で終了した。

ルピーは一時、ドルに対して0.6%安の1ドル=55.3925ルピーと過 去最安値を付けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比47.38ポイント(1.7%)高の4121.00。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比29.56ポイント(1.6%)高の1828.69。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比82.66ポイント(1.6%)高の7274.89。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比33.59ポイント(1.2%)高の2823.75。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比7.93ポイント (0.5%)高の1546.84。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比3.64ポイント(0.3%)安の1131.52。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比80.99ポイント(2.1%)高 の4021.10。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比4.43ポイント(0.1%)高の4958.43。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE