米ベスト・バイ:第1四半期利益は市場予想上回る

家電販売で米最大手、ベスト・バイ の第1四半期決算は、一部項目を除いた利益がアナリスト予想を上回っ た。スマートフォン(多機能携帯電話)の需要堅調が寄与した。

22日の同社発表によれば、純利益は1億5800万ドル(1株当たり46 セント)と、前年同期の2億1200万ドル(同53セント)から25%減少。 事業再編コストを除いた利益は1株当たり72セント。ブルームバーグが 集計したアナリスト22人の予想平均は1株当たり59セントだった。

ベスト・バイはブライアン・ダン前最高経営責任者(CEO)の下 で、アマゾン・ドット・コムなどオンライン小売業者への対抗策の一環 としてスマートフォンを値引きし顧客を引き寄せた。一方、テレビやノ ート型パソコンの需要は低調で、第1四半期の既存店売上高は5.3%減 少となった。ダン前CEOは4月に辞任し、後任の選定作業が続いてい る。

総売上高は2.1%増の116億1000万ドルと、ブルームバーグがまとめ たアナリスト19人の予想平均(115億ドル)を上回った。

原題:Best Buy Tops Analysts’ Estimates on Smartphones (Correct) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE