IMF:英国は追加金融緩和を、減税含む財政刺激の必要性も

国際通貨基金(IMF)は、英経済 には一段の金融緩和が必要だとの認識を示すとともに、一時減税を含む 財政面からの追加刺激策を検討することをオズボーン英財務相に呼び掛 けた。

IMFは22日公表した英国に関する年次報告で、「下振れリスクが 現実化し景気回復が進まない場合、財政面での緩和および政府のバラン スシートの一段の活用を検討するべきだろう」とし、「特に、大規模な 追加金融刺激とさらなる信用緩和措置の後も経済成長が勢いを持てず予 想を大幅に下回るような場合、予定されている財政調整を再検討するこ とが必要になるだろう」と論じた。

また、イングランド銀行(英中央銀行)は一段の債券購入ないし利 下げを通じて経済をさらに刺激する必要があるとの見方を示し、ユーロ 圏危機による「多大な」リスクによって成長が損なわれる可能性がある ことに加え、インフレ圧力は引き続き弱いと指摘した。

原題:IMF Says U.K. Needs More Monetary Stimulus, Possible Tax Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE