仏アコー、モーテル6をブラックストーンのファンドに売却へ

欧州最大のホテル運営会社、フラン スのアコーは、米国でチェーン展開する格安ホテル「モーテル6」をプ ライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社の米ブラックストー ン・グループ傘下のファンドに19億ドル(約1500億円)で売却すること で合意した。アコーは売却によって債務を減らし、収益性の高い事業を 重視することができるようになる。

アコーは22日発表した資料で、「ブラックストーン・リアルエステ ート・パートナーズVII」がモーテル6と長期滞在型の低価格ホテルチ ェーン「スタジオ6」を取得すると説明。両ホテルチェーンは米国とカ ナダで合計1102のホテルを運営し、客室数は10万7000室を超える。

2011年1月に就任したアコーのデニス・エヌカン最高経営責任者 (CEO)は、米国の低価格ホテル市場からの撤退を進める一方、北米 市場でより収益性の高い「ソフィテル」や「ノボテル」のブランドに力 を入れる。売却で得た資金で純債務を約3億3000万ユーロ(約340億 円)減らし、特にアジア地域での事業拡大に資金を投じることが可能性 になる。

原題:Accor to Sell Motel 6 Chain to Blackstone Fund for $1.9 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE