米KKR:新規アジアファンドで20億ドルの調達間近-関係者

ヘンリー・クラビス、ジョージ・ ロバーツ両氏が共同で設立した米投資会社KKRは、新たなアジアファ ンド向けの初回の募集で20億ドル(約1590億円)の調達間近だ。事情に 詳しい関係者3人が明らかにした。

情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところで は、同社は最大60億ドルの調達を目指しており、6月に1回目の締め切 りを予定しているという。

KKRにとって同ファンドはアジアを対象にしたものとしては2本 目。アジアン・ベンチャー・キャピタル・ジャーナルの推計によると、 域内でのプライベートエクイティ(未公開株、PE)投資は2009年から 昨年までに38%増加している。アジア経済の勢いが米欧をしのぐ中、米 カーライル・グループやTPGキャピタルもアジアでの資金集めに乗り 出している。

KKRのアジア広報担当者、スティーブン・オクン氏は新規ファン ドに関するコメントを控えた。

同社は07年、最初のアジアファンド向けに40億ドルを集めた。アジ アで存在感を確立したのは05年遅くで、現在は域内に6つのオフィス と45人の投資の専門家を抱えている。

原題:KKR Said to Be Close to Raising $2 Billion for Second Asia Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE