コンテンツにスキップする

トラック燃料:LNGで1ドルお得-ディーゼルから転換

石油サービス会社フェラスの最高執 行責任者(COO)、チャド・ポーター氏は、世界最長の液化天然ガス (LNG)補給所チェーンが北米で建設される前に保有するトラック18 台の燃料をLNGに転換する考えだ。

LNGを試すためのトラック2台を購入したポーター氏は、ディー ゼル油からの転換で燃料費が22%、1ガロン当たり約1ドル(約80円) 節約できると見込んでいる。カナダのカルガリーを本拠とする同社では 燃料補給に移動式のタンク車を使っているが、通常車両に比べ10万カナ ダ・ドル(約780万円)ほど余計にかかる。

英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルは2億5000万ドルを投入して LNGプラントを建設し燃料補給所をチェーン展開する計画で、LNG を輸送燃料にする単一のプロジェクトとしては最大規模。輸送燃料の LNGへの転換は、エネルギーの自立を提唱する富豪投資家ブーン・ピ ケンズ氏などが支持している。

LNGを輸送燃料とする動きは経済的な観点から注目されている。 シェール(頁岩層)ガスの生産増で北米が世界1位の天然ガス生産国に なり、原油と比べこれまでにない割安感が出ているためだ。

シェルの下流部門担当ディレクター、マーク・ウィリアムズ氏は今 月の講演の中で、「LNGは輸送燃料として大きな潜在性を秘めてい る。北米を例に取ると、現行の消費率でもガス供給の時代が到来してい る。輸送燃料でのガスのシェアは上昇しそうだ」と述べた。

特別な冷却装置

LNGには欠点もある。揮発してしまうことや補給所にはマイナ ス162度を維持する特別な冷却装置が必要になり、大型のガスタンクを 持つ長距離トラックが最も適する。米トラック協会によると、昨年の米 トラック燃料費は1350億ドル以上。フェラスのポーター氏は「インフラ が整備されるなら活用したい」と述べた。

シェルは給油所を保有するフライングJと提携してカナダ石油業の 中心地であるアルバータ州フォートマクマレーから太平洋岸のバンクー バーまでの幹線道路約1600キロメートル沿いでLNGをトラック向けに 提供することで合意した。現行のディーゼル油価格だと、このルートの 標準的なトラックの燃料費は約550カナダ・ドル。

原題:Shale Glut Means $1-a-Gallon Savings Burning Frozen Gas: Energy(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE