コンテンツにスキップする

中国:4月の景気先行指数、前月比0.8%上昇-伸び率は横ばい

中国の4月の景気先行指数は、伸び 率が前月と同じペースとなった。世界2位の規模を持つ同国経済がより 深刻な景気減速を回避するかもしれないとの安心感を投資家に与える可 能性がある。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが電子メールで22日発表し たところによれば、4月の中国景気先行指数(速報値)は前月比0.8% 上昇の232.4となった。3月は0.8%上昇、2月は1%上昇だった。

中国の温家宝首相が経済成長にさらに重点を置くと表明した翌日 の21日、中国証券報は政府が近く景気刺激策を発表する可能性があると 報道。米モルガン・スタンレーは同日、4月の中国の貿易や工業生産、 融資統計の数字が予想を下回ったことを踏まえて、ゴールドマン・サッ クス・グループやシティグループと同様に今年の同国の経済成長率予想 を引き下げた。

コンファレンス・ボードのエコノミスト、アンドルー・ポーク氏は 発表資料で、景気先行指数の伸びは「今後の緩やかな成長を引き続き示 す一方、強さと弱さが相殺し合うパターンは不安定さと不確実性を示唆 している」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE