コンテンツにスキップする

米FDIC:シティなどを提訴-破綻2行を欺いたと主張

米連邦預金保険公社(FDIC) は、管理下に置いた破綻銀行2行が住宅ローン担保証券(MBS)の購 入で欺かれ損失を被ったとして、JPモルガン・チェースやシティグル ープ、バンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズ、ドイツ銀行などの 金融機関を相手取り、2件の損害賠償訴訟を起こした。

FDICは21日、ニューヨークの連邦地裁に訴訟を提起。2件合わ せて7700万ドル(約61億1000万円)の賠償を求めている。

1件は、2009年に当局によって閉鎖されたイリノイ州の商業銀行、 ストラテジック・キャピタル・バンクに関する1100万ドルの損賠訴訟。 もう1件は、ストラテジック・キャピタルとシチズンズ・ナショナル・ バンク両行に関連した6600万ドルの訴訟だ。

FDICは、被告の金融機関がMBSの登録届出書で投資家を欺い たと主張している。

シティの広報担当スコット・ヘルフマン氏、バンク・オブ・アメリ カ(BOA)の広報担当ローレンス・グレイソン氏、ドイツ銀行の広報 担当ルネ・カラブロ氏はいずれも同訴訟に関するコメントを控えた。 JPモルガン広報のジョゼフ・エバンジェリスティ氏に電話取材を試み たが、これまでのところ返答はない。

原題:FDIC Sues on Mortgage-Backed Securities Sold to Failed Banks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE