米コダックの主張認めず-特許権めぐる紛争で米ITC

米写真用品メーカーのイーストマ ン・コダックが米アップルとカナダのリサーチ・イン・モーション( RIM)を相手取って起こしていた特許侵害に関する紛争で、米国際貿 易委員会(ITC)は21日、コダックの訴えを認めないとの判断を下し た。これにより、コダックが売却を目指す資産の価値が損なわれる可能 性がある。

ITCがウェブサイトに掲載した資料によると、トーマス・ペンダ ー判事は、コダックが主張していたデジタル画像のプレビュー技術に関 わる特許は無効であるため、RIMとアップルはコダックの権利を侵害 していないと指摘した。コダックは上訴することを明らかにした。

コダックは1月に米連邦破産法11条の適用を申請。破産裁判所に今 月提出した文書で、アップルは既に今回争点となった分を含む複数の特 許侵害で10億ドル(約790億円)余りの損害をもたらしていると主張し ていた。

米クロス・リサーチのアナリスト、シャノン・クロス氏は「コダッ クは依然として知的財産のポートフォリオを売却しようとしているた め、同ポートフォリオの価値を検討している人にとっては別のリスク要 因または懸念が加わった形だ」と指摘した。

原題:Kodak Loses Trade Decision in Patent Case Against RIM, Apple (5)(抜粋)

--取材協力:Mary Childs、Hugo Miller、Adam Satariano.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE