コンテンツにスキップする

米金融監督当局、スワップ清算機関をシステム上重要と指定へ

米金融安定監視評議会(FSOC) は22日にも一部のスワップ清算機関をシステム上重要と指定する計画 だ。当局の作業に詳しい関係者2人が明らかにしたもので、指定されれ ば監督が強化される。

清算機関は2010年に成立した米金融規制改革法(ドッド・フランク 法)に基づき、店頭デリバティブ市場でのスワップ取引の大部分を処理 する必要がある。指定を受ければ、FSOCが銀行以外で金融システム を脅かす恐れのある企業に関して初めて概要を説明することになる。 FSOCは22日に次回会合を予定している。

米連邦準備制度理事会(FRB)の元検査官で現在はボストン大学 の講師を務めるマーク・ウィリアムズ氏は「大手清算機関はこれらの金 融商品が売買されるいわば高速道路を提供している」と指摘。「監督当 局が言っているのは、そこでどのような活動が行われているのか理解す るとともに、そこでの速度規制を管理する必要があるということだ」と 分析した。

原題:Swaps Clearinghouses Said Set for Systemic Designation (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE