コンテンツにスキップする

ブラジル:金利先物利回りが上昇-マンテガ財務相の発言で

21日のブラジル市場で、金利先物の 利回りが6営業日ぶりに上昇。マンテガ財務相がインタビューで、通貨 レアル安が経済成長の再開を後押ししているとの認識を示した。

ブラジル中央銀行が先週、通貨スワップ入札を実施したにもかかわ らず、レアルは3年ぶり安値に向かって下落し、ブルームバーグが継続 調査する主要16通貨の中でドルに対し最も値下がりした。ブラジルの消 費者物価上昇率がアナリスト予想を上回ったことも、金利先物の利回り を押し上げた。

2014年1月限の金利先物の利回りは12ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上昇の8.19%。先週18日は過去最低の8.05%を付ける場 面があった。

バンコ・ウェストLB・ド・ブラジルの債券担当責任者ウレス・フ ォルチニ氏は電話インタビューで金利先物の利回り上昇について、「マ ンテガ財務相が景気は改善するとの見解を示したことが、利回り調整に つながっている」と指摘した。

通貨レアルは0.9%安の1ドル=2.0419レアル。18日には2009年5 月以来の安値2.0573レアルを付けた。レアルの年初来騰落率はマイナ ス8.6%。

--取材協力:Gabrielle Coppola.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE