米市場の中国株:4カ月ぶり大幅高-温家宝首相の発言を好感

米国市場で取引されている中国企業 株は21日、4カ月ぶりの大幅高。温家宝首相が成長促進を重視すると表 明したことが好感され、中国2位の動画サイト運営会社の土豆網を中心 に買い進まれた。

取引が最も活発な米国上場の中国株から成るブルームバーグ・チャ イナUS55指数は前週末比2.8%高の93.27と、1月10日以来の大幅高で 終了。土豆網の米国預託証券(ADR)は12%高と、3月12日以降で最 大の値上がり。動画サイト運営会社の優酷網も11%上昇した。一方、中 国でソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)サイトを運営する 人人(レンレン)は3.9%安。取引2日目となったSNS最大手の米フ ェイスブックが11%値下がりしたことが響いた。

ペンション・パートナーズの投資担当チーフストラテジスト、マイ ケル・ゲイド氏(ニューヨーク在勤)は21日の電話取材で、「経済成長 支援での温首相の比較的強い口調は中国株を後押しするだろう」と指 摘。「経済てこ入れの表明で、中国は他の新興国の先を行こうとしてい る」と述べた。

原題:Wen’s Pledge Spurs Biggest ADR Gain in 4 Months: China Overnight(抜粋)

--取材協力:Leon Lazaroff.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE