コンテンツにスキップする

5月21日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円が下落、日銀が追加緩和との観測で-レアルも安い

ニューヨーク外国為替市場では、円が主要通貨の大半に対して値下 がり。日本銀行が今週の金融政策決定会合で、成長下支えや円相場の押 し下げに向け追加緩和を決定するとの見方が一部で広がった。

ユーロは対ドルで下げを埋める展開。ドイツのショイブレ財務相 が、ドイツとフランスはギリシャをユーロ圏にとどめるために「必要な あらゆる措置」を講じると発言したことに反応した。ブラジル・レアル は大幅安。マンテガ財務相が、通貨安が景気の再浮揚を後押ししている と述べたことが手掛かりとなった。インド・ルピーは対ドルで過去最安 値を更新した。

シティグループの通貨ストラテジスト、アンドルー・コックス氏は 「サプライズで日銀が追加緩和を拡大しても、市場の反応は比較的落ち 着いたものとなり、長くは続かないだろう」と分析。「市場の大方の予 想は、政策の現状維持だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後3時26分現在、円はユーロに対し前週末 比0.6%安の1ユーロ=101円55銭。対ドルでは0.4%下落し1ドル=79 円31銭。ユーロはドルに対して0.2%上昇し1ユーロ=1.2809ドル。一 時0.4%超下げる場面もあった。

レアル、ルピー

レアルは今年に入り、主要通貨の中では最悪のパフォーマンスとな っており、ドルに対して8.7%下げている。マンテガ財務相は、今年の 国内総生産(GDP)成長率について、昨年の2.7%を上回るとした上 で、下期(7-12月)は年率4.5%成長になると予想した。

レアルは対ドルで1%安の1ドル=2.0447レアル。

インド準備銀行は今月、企業に対し、保有する外貨の50%をルピー に交換することを義務付けると発表した。ルピー安に歯止めをかけるた めの措置。

ルピーはドルに対し1.1%安の1ドル=55.0350ルピー。一 時55.0550ルピーと過去最安値を付けた。

JPモルガン・チェースの指数によると、主要7カ国(G7)通貨 の3カ月物オプションのインプライドボラティリティ(IV、予想変動 率)は、6営業日ぶりに低下し11.09%。18日には1月6日以来の高水 準となる11.59%を付けていた。

ドル・円相場

南アフリカ・ランドは主要通貨の大半に対して上昇。対ドルで は1.2%上げて1ドル=8.2372ランド。前週末までは9営業日続落 と、08年6月以来の長期連続下落となっていた。

日銀は22、23両日に政策決定会合を開く。日銀はこれまで2月と4 月に追加緩和を実施している。先週、金融調節で実施した国債買い入れ (輪番オペ)では、応札額が予定額を下回る札割れが発生した。

GFTフォレックスの通貨調査担当ディレクター、キャシー・リー ン氏(ニューヨーク在勤)は「ドルが円に対し1ドル=76円もしくは77 円を上回る水準を維持している限りは、口先介入にとどまるだろう」と 述べた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円は今年に入り2.5%下落。一方でドルは0.8%上昇している。

原題:Yen Declines on Additional BOJ Stimulus Prospects; Real Weakens(抜粋)

◎米国株:反発、S&P500は2カ月ぶり大幅高-中国の成長支援示唆

21日の米株式相場は反発。S&P500種株価指数は約2カ月ぶりの 大幅高となった。中国が成長促進を支援する姿勢を示したほか、独仏当 局者がギリシャのユーロ圏残留に取り組むと表明したことが材料視され た。

S&P500種産業別10指数の中では素材株やテクノロジー株、資本 財株が特に堅調だった。アップルや産金のニューモント・マイニング、 航空機メーカーのボーイングはいずれも上昇した。配線・回路保護製品 メーカーのクーパー・インダストリーズは大幅高。電子・自動車部品メ ーカーのイートンによる118億ドルでの買収で合意したことが好感され た。

一方、この日が取引2日目のソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)最大手フェイスブックは急落。新規株式公開(IPO)価格 の38ドルを下回って取引を終了した。JPモルガン・チェースとバン ク・オブ・アメリカ(BOA)はいずれも下落。

S&P500種株価指数は前営業日比1.6%高の1315.99。前営業日ま では6日続落していた。ダウ工業株30種平均は135.10ドル(1.1%)上 昇して12504.48ドルだった。

ファースト・シチズンズ・バンクシェアーズのエリック・ティール 最高投資責任者(CIO)は「最近の下落局面の後にはある程度の上昇 が必要だ」と指摘。「中国当局者の発言は刺激策を提供する用意がある ことを示唆しており、明るい材料となっている。それは世界経済にとっ て重要だ」と続けた。

中国の支援示唆

中国の温家宝首相は成長促進に一層、焦点を絞ると語った。ドイツ のショイブレ財務相は、フランスのモスコビシ財務相との会談後、ギリ シャをユーロ圏にとどめるために「必要なあらゆる措置」を講じること で両国が合意したと明らかにした。

欧州債務危機に対する懸念を背景に米国株の時価総額は今月に入り 1兆ドル以上が失われた。先週末時点でS&P500種採用企業の株価収 益率(PER)は13.1倍と、1954年以来の平均(16.4倍)を下回ってい る。

S&P500種の年初からの上昇率は4.6%。景気敏感株で構成される モルガン・スタンレー・シクリカル指数は2.5%上昇した。アップル は5.8%高、ニューモントは3.9%値上がりした。ボーイングは3.8%の 上昇。

クーパーは25%の大幅上昇。イートンの21日発表によれば、クーパ ー株1株当たり現金39.15ドルとイートンの株式0.77479株に交換する。 イートンの18日終値に基づけば、提示額は1株当たり72ドルに相当 し、18日のクーパー株終値を29%上回る。

フェイスブック安い

オンライン検索のヤフーは1%高。中国の電子商取引運営会社アリ ババ・グループ・ホールディングは、ヤフーが保有する約20%の自社株 を71億ドル前後で買い戻すことで合意した。

フェイスブックは11%安の34.03ドル。取引初日の18日は0.6%高だ った。IPO価格に基づく時価総額は過去1年間の利益の約107倍と、 S&P500種株価指数の採用企業のうちアマゾン・ドット・コムとエク イティ・レジデンシャルの2社以外全てを上回った。

JPモルガンは2.9%安。ジェイミー・ダイモン最高経営責任者 (CEO)は、日々の自社株買いプログラムを停止する方針を明らかに した。国際的な資本規則に対応する資金が必要なためで、チーフ・イン ベストメント・オフィス(CIO)部門のトレーディング損失が理由で はないと説明した。

原題:S&P 500 Has Biggest Gain in Two Months on China Stimulus Signals(抜粋)

◎米国債:下げ渋り、10年債利回りは過去最低付近-独仏財務相が会談

21日の米国債市場では、10年債利回りが過去最低付近で推移した。 ギリシャ総選挙後の政局行き詰まりが欧州債務危機の悪化を招いている ことを受け、独仏の財務相は戦略を議論する会談に臨んだ。

米30年債利回りは昨年12月以来の低水準付近。ニューヨーク連銀は この日、18億ドル相当の長期債を購入した。22日以降に実施される総 額990億ドルの利付債入札を前に、記録的な低利回りで応札が鈍るとの 観測から米国債は朝方に下げた。10年債と30年債の利回り格差は1月以 来の最小。インフレが利付債の価値を低下させるとの懸念が後退したこ とが背景にある。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「長期債への需要が続 いている」とし、「質への逃避を背景とした需要が続き、今週の入札を 下支えするだろう」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、10年債利回りは前週末比2ベーシスポイント(b p、1bp=0.01ポイント)上昇の1.74%。同年債(表面利 率1.75%、2022年5月償還)価格は5/32下落して100 2/32。利回りは一 時、5bp上昇する場面も見られた。過去最低は昨年9月23日 の1.67%。

7年債利回りは1bp低下して1.17%。今月18日には過去最低 の1.135%を付けていた。

利回り予想

30年債利回りはほぼ変わらずの2.81%。10年債と30年債の利回り格 差は107に縮小し、1月19日以降で最小となった。今月1日には今年最 大の120bpに拡大していた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によれば、 今月18日までの1カ月間で国債リターンは1.5%と、より安全とされる 資産への需要の高まりを反映している。一方、配当金の再投資を含めた 株式のMSCIオールカントリー世界指数は同期間で8.2%の下落とな った。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のモハメド・エラリアン最高経営責任者(CEO)は、ブルームバーグ ラジオのインタビューで、10年債利回りは現在の水準をはさみ10bp低 下、もしくは30bp上昇の範囲で推移する可能性があると指摘した。

「対抗できない」

今週実施される入札で発行額は22日の2年債と23日の5年債がそれ ぞれ350億ドル、24日の7年債が290億ドルとなっている。

米国債は過去最も割高とされる水準に近づいていることが示唆され ている。米連邦準備制度理事会(FRB)のエコノミストが開発した金 融モデルに基づくタームプレミアム(期間に伴う上乗せ利回り)はマイ ナス0.82%と、今月17日に付けた過去最も割高な水準となる0.83%に近 づいている。マイナスのタームプレミアムは適正水準を下回る利回りで も投資家が積極的に受け入れていることを意味する。

ボラティリティ(変動性)の指標とされるメリル・オプション・ボ ラティリティ・エスティメート(MOVE)指数は18日に70.6bpと前 日からほぼ変わらず、過去1年間の平均である87.94bpを下回った。

ウンダーリッヒ・セキュリティーズのマネジングディレクター兼米 国債トレーディング責任者、マイケル・フランゼーズ氏(ニューヨーク 在勤)は、「売り持ちは残されていない。ニューヨーク連銀は買い手と して非常に大きく、対抗することはできない」と述べた。

原題:Treasury 10-Year Yield Close to Record Low Amid European Talks(抜粋)

◎NY金:3日ぶりに下落、中国が成長促進を表明-逃避需要が減退

ニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに下落。中国が経済を支援 すると示唆したことや、独仏の当局者がギリシャをユーロ圏にとどめる ために取り組む方針を示したことから、逃避先としての金の需要が減退 した。

中国の温家宝首相は、同国は「積極的な財政政策と慎重な金融政策 を実施しなければならない」と述べた。ドイツとフランスはギリシャを ユーロ圏にとどめるために取り組むことで合意した。欧州の危機が深刻 化するとの懸念を一因に、金は年初から1.4%値上がりしている。

TDセキュリティーズの商品戦略責任者バート・メレク氏(トロン ト在勤)は電話インタビューで、「株に買いが集まっている」と指摘。 「きょうは市場のムードが明るくなっており、リスクの高い資産へと資 金が流れている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前週末比0.2%安の1オンス=1588.70ドルで終了。16日には一 時1526.70ドルと、年初来の安値を付けていた。

原題:Gold Falls as China Stimulus Pledge Curbs Haven Appeal of Metal(抜粋)

◎NY原油:7日ぶりに上昇、中国が成長に焦点絞ると表明

ニューヨーク原油先物相場は7営業日ぶりに上昇。中国が経済成長 に焦点を絞ると表明したことや、ゴールドマン・サックス・グループが 原油の需給バランスはタイト化しつつあるとの見方を示したことが背 景。

中国の温家宝首相は、同国が経済成長に一層、焦点を絞ると語っ た。週末に開かれた主要8カ国(G8)首脳会議はギリシャのユーロ圏 への残留を求めるとともに、各国の成長押し上げを支持した。ゴールド マンはリポートで、原油の下落の度合は正当化されないと指摘した。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「中国 の表明やG8の声明が原油の支えになっている」と指摘。「原油はここ まで大きく下げており、多くの経済指標が弱い内容であることは既に織 り込み済みだ。G8の声明は一段の緊縮策だけでなく、刺激措置も示唆 している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限は前週末 比1.09ドル(1.19%)高の1バレル=92.57ドルで終了。1日以来の大 幅上昇となった。年初からは6.3%値下がりしている。

原題:Oil Rises for First Time in Seven Days as China Pledges Growth(抜粋)

◎欧州株:6日ぶり反発、中国の成長支援表明を好感

21日の欧州株式相場は上昇。ストックス欧州600指数は6営業日ぶ りの反発となった。ギリシャがユーロ圏離脱を迫られるとの懸念はある ものの、中国が成長促進に取り組むと表明したことを好感し買い進まれ た。先週は、週間ベースでは昨年9月以来最大の値下がりとなってい た。

自動車株が高い。仏ルノーやイタリアのフィアットの投資判断引き 上げが材料視された。英銀バークレイズも上昇。同行は、保有する61億 ドル相当の米資産運用会社ブラックロック株を全て売却する計画を明ら かにした。一方で世界4位のビール会社、デンマークのカールスバーグ は5.9%下落。同銘柄の売りをINGグループが勧め、嫌気された。

ストックス欧州600指数は前週末比0.5%高の240.17で終了。先週は 週間で5.2%下げていた。

ハーグリーブズ・ランズダウンの英国株式部門責任者、リチャー ド・ハンター氏は「価格が若干下がったことで保有を増やそうとする動 きが広がる中、安値拾いが入る環境になっている」と分析した。

この日の西欧市場では、18カ国中12カ国で主要株価指数が上昇し た。

原題:European Stocks Rebound From Last Week’s Drop; Renault Rallies(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債続落、欧州債務危機で新対策を期待

21日の欧州債市場ではドイツ10年債相場が下落。利回りは前週 末に付けた過去最低から上昇した。欧州当局者らが域内債務危機の拡 大阻止で新たな対策実施に近づいているとの観測が浮上している。

ドイツ債の続落はほぼ1カ月ぶり。主要8カ国(G8)は週末の 首脳会議で、ギリシャのユーロ圏残留を求めるとともに各国の成長押 し上げを支持した。イタリア国債は、欧州首脳会議を23日に控えて 上昇。一方、アイルランド2年債は利回りが4カ月ぶり高水準に達し た。同国中央銀行のホノハン総裁は、アイルランドが新たな救済を求 めるとみるのは議論が「飛躍し過ぎ」だとの見方を示した。

インベステック銀行(ロンドン)のアナリスト、ブライアン・バ リー氏は「G8の会議でユーロ圏は主要な話題の一つだったので、首 脳らは問題の規模を認識し市場は何らかの積極的な行動があると期待 しているようにみえる」と指摘。「ドイツ国債の利回りがあれだけ低 い

状態だと、積極的な行動への変化の兆しが表れれば、相場に急激な動 きが見られる公算は大きい」と説明した。

ロンドン時間午後4時1分現在、ドイツ10年債利回りは前週末 比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.45%。 18日は1.396%と、過去最低を付けていた。同国債(表面利率

1.75%、2022年7月償還)価格はこの日、0.2下げ102.83。

18、19両日に米ワシントン郊外のキャンプデービッドで開催さ れたG8首脳会議は「世界の安定と回復のために強く結束したユーロ 圏の重要性で合意し、ギリシャが公約を守りながらユーロ圏にとどま ることへの関心を確認する」との宣言を出した。

イタリア2年債利回りは3bp下げ3.72%。10年債利回りは3 bp低下の5.78%。

アイルランド2年債相場は12営業日続落。ホノハン中銀総裁は 同国が2013年末に救済下から脱する「プランAは依然として有効」 と言明したものの、相場下落に歯止めがかからず、2年債利回りは17 bp上げ7.37%となった。

原題:German Bonds Drop on Bets European Crisis-Fighting Plan Closer(抜粋)

◎英国債:10年債下落、利回りが4営業日ぶり上昇

21日の英国債市場では10年債相場が4営業日ぶりに下落、利回 りは上昇した。主要8カ国(G8)首脳が週末の会議で、ギリシャの ユーロ圏残留を求めるとともに各国の成長押し上げを支持したことが 手掛かり。欧州首脳会議を23日に控えていることも、警戒感を醸成 している。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテ ジスト、ジョン・レイス氏は「G8首脳宣言は正しい内容ではあるが、 その具体性の欠如は問題がいかに解決困難であるかを示している」と 指摘。宣言の内容は英国債に「わずかながら」マイナス材料だと続け た。

ロンドン時間午後4時39分現在、10年債利回りは前週末比2ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.84%。一時は5 bp上げ、今月10日以来で最大の利回り上昇となった。同国債(表 面利率4%、2022年3月償還)価格はこの日、0.18下げ119.24。

18、19両日に米ワシントン郊外のキャンプデービッドで開催さ れたG8首脳会議は「世界の安定と回復のために強く結束したユーロ 圏の重要性で合意し、ギリシャが公約を守りながらユーロ圏にとどま ることへの関心を確認する」との宣言を出した。

原題:Gilt Yields Climb Most in a Week as G-8 Shows Support for Greece(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Shigeki Mori 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE